小規模企業特例緊急運転資金融資

subscription period: Apr 1, 2014 ~ Mar 31, 2015
upper-limits amount: 3,000,000 yen
Update:Jan 3, 2015

中央区内小規模企業者が自らの事業の運営のために緊急に必要とする事業資金を低利で受けられるように、指定金融機関に対して区が融資をあっ旋することによって、経営の安定化に対する支援を図る。
0

value

0

大田区の融資あっせん制度 チャレンジ企業応援資金

subscription period: Apr 1, 2014 ~ Mar 31, 2015
upper-limits amount: 0 yen
Update:Jan 3, 2015

全額利子補給をすることにより、機械設備の導入や新製品・新技術開発などの経営革新を促進させるため。
0

value

0

島根県)経営革新計画支援助成金

subscription period: Dec 1, 2014 ~ Jan 31, 2015
upper-limits amount: 5,000,000 yen
Update:Jan 5, 2015

中小企業者の取り組む経営革新計画の実行を支援し、県内中小企業の創意ある向上発展を図り、県内産業の高付加価値化を推進
0

value

0


都が保有する空き庁舎及び平成22年2月に開設した産業サポートスクエア・TAMA内において、創業を図ろうとする者又は創業1年から5年未満の中小企業者であって、社会的課題解決への貢献が見込まれる者や先端的ものづくり分野・研究開発型企業などに対し、低廉な賃料で創業の場を提供することにより、東京の産業の活性化を図り、雇用の拡大に寄与することが目的です。
0

value

0

大学等との共同研究補助金(900万円)

subscription period: Apr 1, 2014 ~ Mar 31, 2015
upper-limits amount: 3,000,000 yen
Update:Jan 3, 2015

産学連携による技術開発・製品開発を促進を図る
0

value

0

まちなかオフィス立地助成金(17,403千円)

subscription period: Apr 1, 2014 ~ Mar 31, 2015
upper-limits amount: 2,500,000 yen
Update:Jan 3, 2015

富山市中心市街地における都市機能の充実および経済活動の活性化を促進し、都心地区のさらなる賑わいを創出するため、中心市街地活性化基本計画区域内へのオフィス進出を支援するもの
0

value

0

やまがたチャレンジ創業応援専門家派遣

subscription period: Apr 1, 2014 ~ Mar 31, 2015
upper-limits amount: 0 yen
Update:Jan 3, 2015

創業者が抱える経営課題の解決を図るため、専門家を派遣するもの。
0

value

0

展示会出展支援事業

subscription period: Oct 1, 2014 ~ Mar 31, 2015
upper-limits amount: 300,000 yen
Update:Jan 3, 2015

区内の中小企業の販路開拓の支援をすることが目的です。
0

value

0

見本市等出展補助

subscription period: Apr 1, 2014 ~ Mar 31, 2015
upper-limits amount: 300,000 yen
Update:Jan 3, 2015

国内外で行われる見本市・展示会等への出展にかかる経費を補助し、区内企業の販路開拓を目的とします。
0

value

0

平成27年度地域活性化に向けた協働取組の加速化事業/環境省

subscription period: Feb 2, 2015 ~ Mar 31, 2015
upper-limits amount: 2,500,000 yen
Update:Feb 10, 2015

1.事業の目的  本事業は、民間団体、企業、自治体等の異なる主体による協働取組を実証するとともに、地球環境パートナーシッププラザ(以下、「GEOC/EPO」という。)及び地方環境パートナーシップオフィス(以下「地方EPO」という。)に設置する「支援事務局」の助言等を受けつつ、協働取組の過程等を明らかにし、協働取組を加速化していくうえでの様々な手法や留意事項等を明らかにして、協働取組を行おうとする者の参考資料として共有することを目的としています。 2. 公募対象事業  全国を対象とした全国事業(1事業程度)と、特定の地域を対象とした地方事業(16事業程度)について協働取組の進行状況に合わせ、AタイプとBタイプに分けて応募します。また、該当するテーマについて低炭素社会・循環型社会・自然共生社会・その他に該当するものを選んでください。 <事業地域> 【全国事業】 1事業程度(請負額1事業あたり1,000万円を上限) 【地方事業】 16事業程度(請負額1事業あたり250万円を上限) <進捗状況> 【Aタイプ】 すでに一定程度の協働取組の実績はあるが、協働取組の成功事例にまで発展するまでの支援を要望する事業 【Bタイプ】 法に基づく協定等の締結や連携を超えた協働取組を展開するには至っておらず、支援を要望する事業 <テーマ> 【低炭素社会】 気候に悪影響を及ぼさない水準で大気中温室効果ガス濃度の安定化などをテーマにした取組 【循環型社会】 廃棄物などの発生抑制や循環資源の利用などをテーマにした取組 【自然共生社会】生物多様性の保全や社会経済活動を自然との調和したものなどをテーマにした取組 【そ の 他】 環境保全活動並びにその促進のための意欲を増進させることをテーマにした取組 <対象者> ア 環境関係の活動を行う団体(NPO法人、一般社団法人、一般財団法人等) イ 地域で環境保全に係る事業を行う協議会 ウ その他法人で、国との請負契約者となりうる者 <実施期間> Aタイプ、Bタイプともに実施期間は平成27年3月まで。 (取組状況により次年度の応募を妨げません) 応募制限 その他 ア 環境関係の活動を行う団体(NPO法人、一般社団法人、一般財団法人等) イ 地域で環境保全に係る事業を行う協議会 ウ その他法人で、国との請負契約者となりうる者
0

value

0

専門家派遣事業補助金

subscription period: Apr 1, 2014 ~ Feb 28, 2015
upper-limits amount: 89,600 yen
Update:Jan 3, 2015

(東京都港)区内中小企業者に対し、専門家派遣事業の利用に係る経費を補助することにより、区内中小企業者の経営、技術、人材等の諸問題の解決を図ります。
0

value

0

専門家派遣

subscription period: Apr 1, 2014 ~ Feb 27, 2015
upper-limits amount: 80,000 yen
Update:Jan 3, 2015

(公財) 東京都中小企業振興公社と連携し、中小企業の皆様の経営課題を解決するため、適切な助言を行なえる専門家を派遣します。
0

value

0


平成 27 年度は、以下の2つの形式で募集し、支援します。 どちらかを選択し応募してください。 (1) 機関活動支援型 社会問題等に対する課題の解決を図るために主に単独の機関が単年度で実施する科学技術コミュニケーション活動を支援します。 詳細は「3.機関活動支援型」(5 ページ)をご覧ください。 (2) ネットワーク形成型 地域の機関間における科学技術コミュニケーションに関するネットワークを活用・構築し、3 ヵ年掛けて社会問題等に対する課題の解決を図る活動を支援します。 詳細は「4.ネットワーク形成型」(13 ページ)をご覧ください。 ※重複の応募について ・ 同一の企画内容で機関活動支援型とネットワーク形成型の両方の形式に応募された場合や、同一の企画内容を複数の者ないし機関が応募している場合には、当該提案書いずれも受理しません。ただし、異なる企画内容で、かつ、実施主担当者が重複しなければ、同一機関からは複数件応募することは可能です。 ・ 同一の実施主担当者による応募は、1件のみとします。 支援対象となる企画 「提案機関」と「参加機関」との間で構成されるネットワークを活用して実施する取組として、以下に、支援対象となる企画の例を示しますが、例示に関わらず、「1.科学技術コミュニケーション推進事業 問題解決型科学技術コミュニケーション支援の趣旨」に合った企画をご提案ください。 また、原則として、「提案機関」・「参加機関」のいずれか1つ以上の機関が主体的に企画し実施するもので、かつこれらのうち複数の機関が連携・協力して実施するもので「提案機関」・「参加機関」がそれぞれの特徴を活かした役割を果たすことが必要です。 地域もしくは全国規模の社会的な課題や問題について科学技術を通じた対話等により、解決を図っていく企画。 ① 除染、住民帰還など東日本大震災に係る課題について、被災地域を巻き込んで復興に向けて考えていく企画。 ② 海沿い、山沿い、都市部、山間部などそれぞれの場所にあった災害に関する問題を示し、周知活動や対話を行い、今後の防災に役立てていく企画。 ③ 自然災害、食の安全、放射線などの社会的なリスクについて専門家を交えて対話を実施し、そのリスクについて研究者や地方自治体・国への提言につなげる企画。 ④ 都市の緑化や環境対策を考慮した都市ビジネスや都市ライフスタイルを取り上げ、未来のまちづくりにおける課題を考える企画。 ⑤ 高齢化社会、過疎化に向けて地域医療を含めた住みやすいまちづくり、住みやすい地域社会についての対話を実施する企画。 ⑥ 地球温暖化など地球環境問題をテーマにした対話を実施する企画。 ⑦ パンデミックなど緊急事態発生時にいかに「自分の身を安全に守れるか?」を考える企画。 ⑧ 再生医療など最先端医療をテーマにした対話を実施する企画。 ⑨ ビッグデータが社会にもたらす影響・問題について対話する企画。 など。 課題解決に当たっては、必要に応じて、新しいコミュニケーション手法等を取り入れることも想定しています。 支援対象となる期間 ・初年度は平成 27 年 7 月 1 日(水)~平成 28 年 3 月 31 日(木)とします。 全体では、平成 30 年 3 月 31 日までの 3 ヶ年度を上限とします。 ※支援開始日については、契約手続きの状況により、遅れる場合があります。 ※年度途中の評価等により途中で中止となる場合があります。 ※各年度の支援の実施については、JSTの当該年度の予算において必要経費が確保されることを前提とします。 (6)支援費の額と支援対象となる経費 企画提案書作成時に概算にて経費を算出していただきます。下記事項に留意して作成してください。 ① 年度の支援額は500万円(税込み、一般管理費を含む)上限とします。 ※ ただし、平成 28 年度以降は予算の状況等により減額されることがあります。 ② 支援の対象となる経費 ・企画の実施にかかわる経費(物品費(消耗品費)、旅費、謝金、会議開催費、通信運搬費、印刷製本費、借損料、役務費、保険料(傷害保険)、一般管理費 等)及び人件費(※)とします。 ※ 人件費は、学生に対する人件費を除きます。人件費の上限は年間150万円(通勤費含む)とします。 ・自主予算、企業協賛金、寄附金、他制度の補助・助成金等を導入される場合は、本支援経費との会計書類の切り分けを明確にしていただきます。 ※機関活動支援型については、別途助成プログラムを参照 応募制限 法人格の有無 法人格を有すること 日本国内の地方自治体、大学、高等専門学校、公的研究機関(以下、大学、高等専門学校、公的研究機関をまとめて大学等という)、科学館、科学系博物館(以下、科学館等という)、図書館や公民館等の社会教育施設、学協会、公益法人、非営利法人及び民間企業等の機関。
0

value

0

岡山県)創業ゼロ金利補助金

subscription period: Apr 1, 2014 ~ Dec 31, 2016
upper-limits amount: 0 yen
Update:Jan 5, 2015

創業の促進と創業者の成長を支援するため
0

value

0

経営セーフ保証料補助

subscription period: Apr 1, 2014 ~ Mar 31, 2015
upper-limits amount: 300,000 yen
Update:Jan 3, 2015

東京都制度融資「経営セーフ」の融資を受けた小規模企業者に対して東京都が行う信用保証料の補助について、中央区があわせて保証料の補助を行うことにより、小規模企業者の経営の安定化を図るための制度です。
0

value

0

展示会等出展費補助金(1000万円)

subscription period: Apr 1, 2014 ~ Mar 31, 2015
upper-limits amount: 200,000 yen
Update:Jan 3, 2015

江東区内産業の優秀な製品または技術を広く市場に紹介するための展示会等に出展する事業者に対し、経費の一部を補助し、販路拡大及び技術力の向上を促進する。
0

value

0