Creativity Sharing and
Entrepreneurial Support


神奈川県の名所データ:場所名称、緯度・経度、概要、サムネール画像、クリップ動画像など。今後、旅の目的(コンセプト)、心(コンテキスト)を示す意味コードを追加して、旅のコンシェルジェサービスアプリを創る場合、その両者の組合わせに合致する複数候補の名所を抽出しリコメンドするアプリのためのデータ提供基盤を提供する。
3

value

2


LODチャレンジ2016アイディア部門に応募した「LODxAIx観光→Open Sevice-DesinInnovation」におけるメタメタデータを含むデータセットをLODのさび巣を利用して登録・公開するものです。
3

value

2

医療LOD

Update:Jan 17, 2017

web上のデータを収集して、RDF形式でSparqlEPCUに格納を行っています。
6

value

6

RESAS LOD

Update:Jan 17, 2017

【エントリー部門】データセット部門 【応募者属性】学生 【応募者名】鈴木佑基, 吉村貴普, 年岡晃一 【エントリー作品の権利指定】CC0 【エントリー作品のURL】 http://lodcu.cs.chubu.ac.jp/SparqlEPCU/project.jsp?projectID=suzukipro 【エントリー作品の詳細説明】 「RESAS LOD」 ・概要 地域経済分析システム「RESAS」からRESASより提供されるAPIを用いてデータをJSON形式で取得し、CSV形式に変換、データの2次利用を目的にRDFstoreに登録を行っています。 以下のURLはデータを簡易的に見るためのものです http://lodcu.cs.chubu.ac.jp/resas/ ・詳細 現段階では、RESASAPIを用いることで取得できる74項目のうち28項目がデータの取得・CSV化、 RDFstoreへの格納が完了しています。データは随時、取得・CSV化・格納を行っていきます。 また、アプリケーション開発時にRDFstoreにデータが登録されているためアプリ作成者が 必要なデータをSPARQL文を用いることで自由に取り出すことができます。 -現在登録されているデータのクラス一覧- 都道府県一覧 市区町村一覧 旧市区町村一覧 産業大分類 産業中分類 産業小分類 職業大分類 職業中分類 特許、技術分野 特許、技術テーマ 税関 輸出入花火図_地域 輸出入花火図_国 農業部門 特許権者の所在地 輸出入花火図品目_大分類 輸出入花火図品目_中分類 輸出入花火図品目_小分類 特許一覧 指定地域への国籍別訪問者数 企業数 事業所数 創業比率 有効求人倍率 従業者数 一人当たり賃金 年間商品販売額 農産物の出荷先別販売金額構成 農産物の出荷先別経営体数割合 農業部門別販売金額
5

value

5


本データセットは、LODチャレンジ主催イベント「オープンデータをLOD化するデータソン in 高槻」、「オープンデータをLOD化するデータソン in 枚方」で作成した、それぞれの自治体(大阪府高槻市、枚方市)の Linked Data です。
2

value

2


函館スイーツ推進協議会が公開している函館市や近郊市町のスイーツショップの情報をLOD化しました。
3

value

3


日野市はブルーベリーなど果物が特産物として有名であり、味覚狩りスポットが30箇所を超える。しかし日野市在住の人すらその情報を知らなかった。味覚狩りスポットをマッピングし、有益な情報とナビ機能を提供する日野市味覚狩りマップを提案する。経済発展や地域活性化を促進させる。
1

value

1

楽曲LOD

Update:Jan 16, 2017

楽曲特徴量や楽曲のメタ情報についてのデータ収集・分析基盤
4

value

3


長野県須坂市で開催している,須坂子どもArduinoプログラミング教室のレシピです。このレシピの応用として津山料理レシピLOD http://linkdata.org/work/rdf1s4850i を作成しています。
5

value

3


横浜市内在住の有志の自宅に設置された加速度センサーユニットで観測された地震波形を、加速度データとして展開。 加速度データを利用することで、震度の計測ができ、また建物内で複数箇所に設置されることで波形の比較ができ、震源方向の予測や建造物による揺れ方の違いなどの調査が可能となる。
1

value

1


岡山県津山市のマルイスーパーさんで紙で配布されている料理レシピです。元のレイアウトを復元できるよう工夫しています。この津山料理レシピLODは,須坂子どもArduinoレシピLODを応用しています。
4

value

2


2016年4月23日時点で存在する全衛星の情報をまとめたデータセットです。
1

value

1


衛星の2行軌道要素形式 (にぎょうきどうようそけいしき、英: Two-line elements : TLE)データです。 2016年4月23日時点で存在する全件をリストアップしています。
1

value

1


農作業基本オントロジーに基づいて作成された農作業名称のデータです。
2

value

2


「統計LOD日本語化データセット」は、政府統計の総合窓口(e-Stat)の「統計LOD」で現在使われている膨大なRDFスキーマ(クラス・プロパティ等)に対し、rdfs:comment を用い、詳細な日本語解説データを紐付けたデータセットです。  統計LODで使われている測度(measure)、属性(attribute)、次元(dimension)のクラスやプロパティは、統計局の独自定義のものだけで数百あり、とても覚えきれるものではありませんし、スキーマの解説ページを見ながら探すのもひと苦労です。  統計LODを乗りこなすために、このデータセットをぜひご活用ください。
4

value

3

代替食材データ

Update:Jan 15, 2017

代替食材情報を、RDFとして整理してみます。
0

value

0


須坂ビーコンプラットフォームプロジェクトにより公開されているビーコンデータです.ビーコンを一意に特定する情報をデータセットとして公開し,誰でも利用できるようにオープンデータとしています. suzaka_beacon→公開したビーコンの情報 suzaka_beacon_spot→設置したビーコンのスポット情報を指します.
3

value

3


歴史的行政区域データセットβ版は、行政区域の歴史的変遷をたどることが可能なデータセットです。時代ごとの行政区域データをGeoJSON形式で提供することにより、ウェブ地図上に簡単に行政区域を表示できるようになります。また過去の行政区域の変化をアニメーション表示すれば、市区町村が歴史的にどのように変化してきたかを学ぶこともできるでしょう。現在、行政区域GeoJSONの数は約82,000件です。 歴史的行政区域データセットβ版の特徴は、行政区域を上記のポリゴンとして提供するだけでなく、ポリゴンを代表する点の情報も合わせて提供する点にあります。そのために、複数のオープンデータを統合して行政区域の代表点を推定するアルゴリズムも開発しました。 ただし、過去の行政区域については記録が不確かである部分も多く、正式な記録に基づくデータセットを構築するのは大変難しい課題です。そこで現在のところは「β版」として公開し、今後のデータの充実に向けた要望の調査やコラボレーションの可能性などを探りたいと考えています。
1

value

1


郷土かるたをLOD化したデータセットです。 郷土かるたとは、読札と取札からなる「いろはかるた」の一種であり、特定地域の名物を読み込んだものです。日本各地のさまざまな地域の郷土かるた情報にオープンなライセンスを付与し、他の情報資源ともリンクした「郷土かるたLOD」を作成しました。日本初のかるた情報のLODです。
3

value

2

教科書LOD

Update:Jan 15, 2017

国立教育政策研究所教育図書館が所蔵している教科書のうち、 1992年施行以降の学習指導要領に対応した 初等、中等教育で使われている教科書、6956点の書誌事項をLOD化。
6

value

6


金沢区では、行政が保有するデータを二次利用可能なライセンスで提供する「オープンデータ」を積極的に推進しており、その取組の一環として、金沢区の移り変わりを記録する貴重な写真を「区民の共有財産」としてアーカイブするためのサイト「金澤写真アルバム」を運営しています。 金沢区役所が広報などのために撮影し、保有している記録写真を区民の皆様、事業者様など、どなたでもご利用いただけるようにオープンデータとして公開し、現在のところ区民の方から提供されたものも含めて670枚の画像が公開されております。 活用事例としては以下のものがありますが、データでありながらもアナログ的活用が多く見られるのが特徴で、オープンデータの可能性を広く感じられる取組みとなっています。 ・横浜市立大学による「並木思い出を紡ぐ会」で世代間交流のためのイベントに利用 ・NHKの「ようこそ先輩」の中で並木団地の画像を活用 ・地域ケアプラザ、地元金融機関による展示利用 最も古い写真は、1911年撮影の「諏訪の橋」というタイトルがついた画像ですが、今でも続々と写真提供のお申し出をいただいておりますので、今後はどのようなお宝写真が出てくるのか乞うご期待です。
1

value

1


長野県は、北陸新幹線が整備され、主要駅までのアクセスはよくなり、観光客も増えました。一方で、観光地各所の距離が遠いのにもかかわらず、観光地までのバスや電車などの公共交通機関が十分に整備されていません。そこで、自転車があれば、徒歩では観光しにくい場所でも効率良く観光することができます。また、運動をして健康を保つきっかけとすることができ、環境にもお財布にも優しく地域貢献をすることができます。
1

value

1


今後、8K/10K高画質映像、VR、AR、MRのための機器類の市場は急激に伸びていくと思われ、こういった環境に対応すべく、特にイベント、セミナー、展示会、ライブ、カラオケ、居酒屋等での高画質自然立体視とKISSonix 3Dの3Dサウンドによる3Dパフォーマンスをメインとした立体映像音響の機器・アプリの開発側よりも、視聴する側からの場創りです。具体的な新しい立体映像音響場創りのアイデアとして、2014年に「ひたちなか海浜鉄道」の協力のもと、撮影した前後左右4画面投影した動画を使用して、2014年4月19-20日にイベント会場高円寺パンディットにて開催した前後左右4画面投影システムを高画質自然立体視とKISSonix 3Dにバージョンアップさせ、様々な場面での活用へと発展させていく取り組みです。当初、室内4壁面が完全に白色スクリーンになっていないと、前後左右4画面動画が見にくいのではないかとの懸念がありましたが、部屋の壁にクーラー、棚、机等があっても、投影されている動画に見入ってしまうと、没入感により、これらのものは障害にはならないということがわかり、さまざまな場所への対応可能な具体化の実現が可能であることがわかりまた。さらにグループの持つ技術により、人の動きを赤外線センサーで検知し、この動きを画像に反映させるVR投影、よりリアル感を演出できる振動スピーカの応用等に発展させることもできます。ビジュアルオープンデータによる車両前後左右4画面動画の新しい見せ方の創造です。 *KISSonix 3D 株式会社コンプハウス 左右2スピーカーだけのステレオ再生装置で映画館・CDレベルの高音質の3Dサウンドを実現できるシステム 詳細解説 4D動画音響システム.pdf https://1drv.ms/f/s!AijY0_3E3MZbkw2OaGJIVZuYkoBD
1

value

1


観光客、インバウンド向けに分かりやすいお店ガイドを提供できるよう、横浜市内におけるマルチモーダル交通体系の都市内交通、パークアンドライドと徒歩移動幹線との結節拠点の最寄り拠点より、お店までの徒歩移動幹線路線に明示的に名前を付け、それぞれの徒歩幹線路線のビジュアルオープンデータ連続写真によるストリートビューと幹線路線からお店までの徒歩支線路線のオリジナル連続写真ストリートビューを撮影し、最寄り拠点より、お店までの専用お店ルートナビとお店・商品ガイドの作成を可能とする、ターンバイターンガイド付き歩移動支援マルチナビゲーション。 1.動画解説 https://www.youtube.com/watch?v=bL0ckddAsv0&t=4s 2.ShopGuideビジュアルオープンデータ fatsunewakaba_2015_10_21_3d_01 105-初音町若葉町-太田なわのれん https://flic.kr/s/aHskm7hJAa
1

value

1