Creativity Sharing and
Entrepreneurial Support

Tweet2LinkData

Update:Mar 10, 2017

Tweet2LinkDataは、ツイートを用いた参加型オープンデータの収集・公開基盤です。特定のハッシュタグと位置情報の付いたツイートを定期的に収集してデータベースに格納します。 収集したデータは、LinkData.orgと地図サイトで公開することができます。
5

value

5


日本酒の銘柄・テイスティング結果を登録できるアプリケーションです。 日本酒と酒蔵のLOD(http://idea.linkdata.org/idea/idea1s1445i)を用いて検索・登録できるようになっています。 一方的にデータを蓄積、公開するのではなく、Wikipediaのように利用者が登録できるようになっています。 日本酒のソムリエ資格である「唎酒師」監修の元、開発しました。 昨年のLODチャレンジの作品として投稿したところ、Knowledge Connectorを通じて協力者を得ることができ、共同でアプリを作成しました。 このアプリケーションを用いて登録された日本酒の情報やテイスティング結果のデータはオープンデータとしてAPIで取得できるようになっています(https://sakepedia.herokuapp.com/#/api?_k=7voyvw)。 今後このデータをLOD化する予定です。
2

value

1


江戸時代後期に編纂された地誌『新編武蔵風土記稿』に記載された村の名前を地図上に配置し、国立国会図書館デジタルコレクションにある新編武蔵風土記稿の該当ページにリンクさせたマップです。
2

value

2


データビジュアライズサービス pickupon.io(ピクポン)を使ったオープンデータ民主化の試み  私たちはチャット空間(Slack)に流し込まれた様々なデータ(IoTデバイスデータ、Open Dataから日常の会話まで)を扱えるチャットエージェント(bot)を開発しました。(α)  pickuponを使えば、特別な技術を持たないユーザーが簡単に動的なデータのビジュアライズロジックを作成することができます。
3

value

3


・PROLOQL Extensionは、LODを利用した文書理解補助システムです。 ・単語の上位概念を理解して、単語ごとにSPARQLクエリを切り替えて検索するなど、高度な検索ができます。 ・Google Chrome上で動作するChrome拡張アプリとして実装されています。
5

value

4

My 防災ノート

Update:Feb 7, 2017

My防災ノートは、ユーザーの生活圏に合わせた情報を提示する防災学習アプリです。 追跡記録した位置情報履歴をもとにユーザーの生活圏を自動で検出し、各地域で必要な防災情報を提示します。 既存の防災学習アプリは情報量が膨大で、情報の優劣が付けられていないものも多い。その結果何が自分に必要な情報なのかが理解しづらい上に、学習する際の敷居がとても高い。本アプリは、ユーザー特化の情報収集型であることで、自分に必要な情報をふとしたときに閲覧し学習することができます。 ※位置情報の保存・処理は全て端末内で行われ、情報漏洩のリスクは低減されています 国土地理院平成27年度防災アプリケーションコンテスト「リスクコミュニケーション部門」受賞
9

value

9


さつまいもを品種やブランドをキーにして流通させることを目的としたアプリです。 品種別の登録者、レストランなどがわかります。また Yahoo!知恵袋からその品種に関する質問も見ることができます。 販売しているところ、その品種を使ったレシピを利用者に入力してもらうことにより品種、ブランドの活性化を推進します。 【使い方】 左上部のメニューで品種を選んでから、左下のボタンで得たい情報を選択してください
7

value

7


本システムの特徴 ・東京湾岸の市町村の公的避難所のデータは既に登録してあるので、利用申請をしてIDとパスワードが発行された時点から、ログインして情報を登録できます。 ・勝手避難所の情報も、責任者と避難所情報を登録して利用申請を行えば、情報の登録ができます。 ・行政、支援団体、マスコミ、研究者など、支援活動に関与する団体は、このシステムにアクセスして情報を共有し、支援計画を立てることができます。 ・このような情報共有を行うことで、セクタを超えた協働を通して、支援リソースの最適配分と被災者支援の高度化を実現することが、このシステムの本質的な目的です。 去年の12/13にTRONSHOW出展した時点で、サービスを公開しています。 『ボーダレスな被災者支援システム』 サービス無償提供開始 https://tronshow.kokosil.net/ja/place/00001c00000000000002000000218354 ※なお、義援物資マッチングシステムは、昨年起こった熊本地震を機に、サービスを公開しました。
3

value

3


RDFstoreを利用して日々の自分の作業、勉強、体験をクラウドに記録していくアプリケーションです。登録後も記事を編集や削除を行えます。 知識は結局個人の記憶に内在するものなので、グローバルな知識管理も個人の行動・思考の記録とのやりとりが重要です。 自分の知識と経験をまとめていくのにRDF知識表現を利用し個人レベルで最適な知識の積み上げ、深化、 拡充の効率化を目的とします。個人のRDFとグローバルのRDFの交換などで両者共発展できていくことを図ります。
7

value

7


コンセプトは、地元民が寄り道スポットをご紹介! 福井県池田町にある人気アスレチック施設ツリーピクニックアドベンチャーいけだ(TPA)の名物スタッフ・アニキがオススメする池田町の寄り道スポットや観光に役立つ情報を紹介します。 TPAだけじゃない、田舎の魅力あふれる池田町のおすすめスポットを発信します!
3

value

3


「ちーとばー」-ちょっとそこまで連れてく観光アプリ- 「ちーとばー」は尾道弁で”ちょっと“の意味。   ふらっと初めて観光にきた人へ、 現在位置から近くてオススメの観光地への方向を地図上の線で表現、 順に歩いて辿っていくうちに、みるみる尾道と島の魅力にはまってしまいます。 「ちーとばー」は、ちょっとおせっかいなおばさんをイメージ。 ランディングページhttp://demonofu.info/198/ 「ちーとばー」がベースになって、 高知版「ちくっと」 北海道版「ちょべっと」 富山版「ちょっこし」 但馬版「ちょっとま」 ができるといいなという壮大な夢を持つ、 チーム198です!宜しくお願いいたします!
3

value

3


CSV-X is a schema language, model, and processing engine for non-uniform CSV enabling annotation, validation, cross-referencing, Linked Data, RDF serialization, and transformation to other formats.
3

value

3


「統計LOD翻訳システム」は、「統計LOD日本語化データセット」と、統計LODのAPI機能を組み合わせたWebシステムであり、統計LODのスパークルエンドポイントの検索結果を、即座に日本語に翻訳するものです。  統計LODで提供されているデータは、SDMX準拠のRDFデータ・キューブ語彙で構成されたオントロジーを持ち、語彙定義の厳密性や機械判読性に優れる一方、人間が読みこなし活用するのはなかなかの困難を伴います。  このシステムは、統計LODのオントロジー理解を助け、利活用を促進するための技術基盤として開発したものです。ぜひご活用ください。
4

value

4


「Cheese(チーズ)」とは、あらゆる施設情報データと、統計データを組み合わせ可視化し、地域分析をサポートするWebシステムです。  ポイントに配置するマーカーアイコンを選択し、施設リストを読み込むだけで、自分だけのオリジナルマップが完成します。  また、作成したマップに、政府統計データをオーバーレイさせることにより、その地域の特色が見えてきます。市町村よりさらに細かいレベルの地域分析や商圏分析にご活用ください。
0

value

0


「API Search Engine」とは、政府統計総合窓口(e-Stat)のWeb APIで提供されているデータを、シンプルな操作で検索し、データ内容の閲覧を行うシステムです。  統計データを画面上で確認する以外に、利活用しやすい構造に整形したCSVやJSONで取得することも可能です。 「StatApiMagic.js」とは、e-StatのWeb API専用ライブラリであり、データ構造のコンバータです。  統計データ取得APIにより受け取った複雑なレスポンスデータの構造を、利活用しやすいシンプルな形に再構築するものです。出力形式は、9種類から選択することができます。 「API Search Engine」と「StatApiMagic.js」を組み合わせて利用することにより、その利用価値は最大化されます。  これら2つのツールの相互補完作用により、API利活用範囲の拡大や、アプリケーション開発速度の飛躍的な向上が期待できます。  政府統計API機能を現在利用されている方、これから利用してみようと考えている方に、少しでもお役に立てることを願っています。
3

value

3


マンガ好きですか? 「まんがそむりえ」 はマンガ推薦を行うLine Botです。 ユーザのほしいマンガの内容をLine上から対話形式で手軽にお聞きし、おすすめする本を返答します。 例えば、"完結"したマンガがほしい、"医療"をテーマにしたマンガがほしい、"3巻"ぐらいの巻数のマンガがほしい、といったユーザのほしいマンガをお聞きし、聞いた内容をもとにマンガを推薦します。 ぜひ「まんがそむりえ」を友達登録して、試してみてください。 ※ お知らせ ・2017/01/19 23:00 DBpedia Japaneaseのサーバが復活したようです。正常にBotも動作するようになりました。 ・2017/01/15 21:00 現在 DBpedia Japaneaseのサーバがダウンしているようで、Botが正常に動作していません。 復旧しましたら、このページでお知らせ致します。
1

value

1


あなたにあった「子育て向きの地域」を様々な視点から検索・推薦するサービス。RESAS-APIなどの様々なAPIを用いてデータを収集しており、「助成金(お金)」「環境」「コミュニティ」についてユーザの要望に応じて重みを設定し、実データに基づいて総合スコアを算出することで、子育てに最適な地域を検索することができます。さらに具体的な助成金情報及びその掲載リンク、地域比較機能などによって深堀りすることもできます。
4

value

4


我々は,福岡県糟屋郡新宮町の潜在的な地域資源をデータ化して体系的に整理し,新宮町の観光業振興に資するために福岡工業大学の学生と新宮町役場の職員を主メンバーとする「たのしんぐうプロジェクト」を結成した.本プロジェクトでは,Linked Open Data (LOD) の概念に基づいて地域データを整理し,一般公開用に観光情報ポータルサイト「たのしんぐう」を設立した.また,地域データの二次利用を図るために地域データをLODとして整理し,LODの公開と新宮町SPARQL Endpointの提供を行っている.新宮町LODを作成するにあたり,各種地域リソースの体系化と一貫性の確保のために新しい観光語彙基盤を整備した.観光語彙基盤は,情報処理推進機構(IPA)が整備を進めている共通語彙基盤とは異り観光リソースを専門にしており,また,各リソースのリンク化および他のLODとの調和を図っている.例えば,共通語彙基盤で定義されているキーワードのデータ型はxsd:string型であるが,観光語彙基盤ではxsd:anyURI型で定義している.これにより,DBpediaやI-Scoverなどで定義されているキーワード相当の述語とデータ型が一致するため,横断的にLODをリンクできるようになり,結果的に各リソースの体系化が図られる.また,LODは,各リソースの一貫性を確保して体系的に整理することでオントロジーとしての活用法が期待できる.本プロジェクトでは,新宮町LODを用いた意味検索システム「しんぐうコンシェル」の研究開発を進めている.「しんぐうコンシェル」は,入力された質問文を形態素解析して観光語彙基盤の述語を基に意味解析を行い,SPARQLクエリを生成して新宮町SPARQL Endpointで参照し,その処理結果をHTMLデータに変換している.我々は,各種リソースが体系的に整理されたオープンなLinked RDFデータ(LOD)が,これからの音声エージェントサービスを支えるデータインフラになると考えており,これからも観光語彙基盤の整備や新宮町LODの作成,「しんぐうコンシェル」の研究開発を進めていきたい.
12

value

12

With Kids

Update:Jan 16, 2017

子どもの年齢に応じた着地型体験観光メニューを紹介してくれるアプリ。アプリから電話もかけることができるほか、子連れのマイカー旅行者に便利なトイレや自動販売機、ガソリンスタンドの情報も提供される。
3

value

3


bibliomapsは、「街が潜在的に持っているイメージ」を可視化し、街のイメージを把握するために開発した鑑賞型Webアプリです。街の名前が登場するテキストを地図上にビジュアライズしています。 青空文庫のテキストから神戸に関する地名を全文検索し、周囲のテキストとともに原稿用紙風にレンダリングしました。 ユーザは文学館で作家の直筆原稿を眺めるように鑑賞することができます。 大きな地名の周囲にあらわれる小さな地名は、前後の文脈に登場する地名です。 作品を読みたくなったらタイトルをクリックしてください。「青空 in Browsers」(外部サイト)の該当作品ページにリンクしています。 バックグラウンドの地図はスクロール可能です。神戸市内の地名のいくつかにマークがありますので探してみてください。 注意 Chromeのみ動作確認しています。
4

value

4

NISHIMARO DIARY

Update:Jan 16, 2017

神奈川県横浜市西区の観光アプリを、西区役所の方々と岩崎学園情報科学専門学校の生徒が協力して、みなとみらい以外の魅力を知ってもらいたいという願いをもとに作成しました。西区のマスコットキャラクター『にしまろちゃん』と横浜市が公開しているオープンデータを利用し、楽しい街歩きをサポートするアプリとなっております。
2

value

2


広島県尾道市を舞台とした、エントリー層のサイクリストを対象とした陣取りゲームです。 サイクリストがあまり寄らない、しまなみ海道から離れた場所にある観光スポットを訪れてもらうためのアプリです。 しまなみ海道周辺の島々をエリアで分け、サイクリング中に必須な飲食店・トイレをスポットとしています。 スポットに訪れると自分のポイントと自チームのポイントがアップします。 自分のポイントは仮想の飲食店のクーポンと交換することができます。 また、訪れたスポットが属するエリアの自チームのポイントが他チームのポイントより多くなると、そのエリアを占領することができ、エリアの色が自チームのイメージカラーに変わります。 スポットを訪れた際に近くの観光名所スポットが制限時間付きで出現します。 制限時間内に観光名所スポットに訪れると通常のスポットよりも高いクーポンポイントをゲットできます。 ※クーポンポイントは実在する飲食店のクーポンとは交換できません。
3

value

3


食物アレルギーや宗教、好き嫌い、カロリー低減、旬の食材など、 公開レシピと代替食材のデータをリンクさせることで、 あなた好みのレシピをご提案します! このアプリケーションは以下のアイデアをもとに作成しました。 【LODチャレンジ2016エントリー作品 - アプリケーション部門】 代替レシピのご提案 http://idea.linkdata.org/idea/idea1s2054i
4

value

4


名古屋市科学館が公開する上空写真のオープンデータを使って 現在の星空の分析を機械学習を用いて行います。 分析された情報はメールなどによってユーザーに通知を行います。
4

value

3


わたしたちのサービス「ラクトレ」の特徴は、まちの落書きの位置情報を収集し可視化することにあります。アプリケーション利用者が街中で見つけた落書きの情報を「ラクトレ」に登録すると、マップ上で他のユーザーにその情報をシェアすることができます。アプリ利用者は町内会等と協力しながら、発見された落書きを消すイベントを開催します。取得されたデータは、他のオープンデータと掛け合わせられて、ほっと安心できる街を示す独自の指標である『ほっと指数』を算出することに用いられます。アプリケーション利用者は『ほっと指数』を上げていくことに注力します。『ラクトレ』は、オープンデータを活用しながら、自らが関わる地域の治安の悪さを改善し住みよい町にしていく活動を補助するアプリケーションです。
1

value

1


ふるさとのパンフレットを簡単に作ることができるアプリ「パンふる」です。 観光オープンデータに登録されている観光地の写真を取ることでパンフレット風のレイアウトにして表示してくれます。
3

value

3


はこウォークは、函館の景観を楽しみながらヘルスケアを行えるウォーキングアプリです。北海道函館市が提供している「健康ウォーキングマップ」のというオープンデータ化された健康まち歩きマップを利用しています。47のウォーキングコースを収録しており、函館市内を網羅しています。各コースでは、魅力的なスポットの紹介をしています。一味違った函館の観光を楽しみたい方にもぴったりのアプリです。
1

value

1