Creativity Sharing and
Entrepreneurial Support


 「U-18こどもオープンデータハッカソン」は18歳以下の学生が競うハッカソンです。学生のICT教育や地域教育の発展を目的に開催します。オープンデータを活用したアプリケーション開発や地域活動の経験のある学生が講師となり、生徒・学生たちに教えていきます。
6

value

6


 「U-18こどもオープンデータハッカソン」は18歳以下の学生が競うハッカソンです。学生のICT教育や地域教育の発展を目的に開催します。オープンデータを活用したアプリケーション開発や地域活動の経験のある学生が講師となり、生徒・学生たちに教えていきます。
7

value

6


 「U-18こどもオープンデータハッカソン」は18歳以下の学生が競うハッカソン。学生のICT教育や地域教育の発展を目的に開催します。オープンデータを活用したアプリケーション開発や地域活動の経験のある2人の学生が講師となり、生徒・学生たちに教えていきます。
14

value

13


 「U-18こどもオープンデータハッカソン」は18歳以下の学生が競うハッカソン。学生のICT教育や地域教育の発展を目的に開催します。オープンデータを活用したアプリケーション開発や地域活動の経験のある2人の学生が講師となり、生徒・学生たちに教えていきます。
12

value

11


 「U-18こどもオープンデータハッカソン」は18歳以下の学生が競うハッカソンです。学生のICT教育や地域教育の発展を目的に開催します。オープンデータを活用したアプリケーション開発や地域活動の経験のある学生が講師となり、生徒・学生たちに教えていきます。第3回となる今回はホームぺージの制作にチャレンジします。
9

value

8


 「U-18こどもオープンデータハッカソン」は18歳以下の学生が競うハッカソンです。学生のICT教育や地域教育の発展を目的に開催します。オープンデータを活用したアプリケーション開発や地域活動の経験のある学生が講師となり、生徒・学生たちに教えていきます。
5

value

5


 「もくもくデータルーム」はオープンデータの知識やオープンデータ作品のつくり方を教える相談所です。オープンデータを活用したアプリケーション開発や地域活動の経験のある学生が講師となり、教えていきます。「好きなことやものをコレクションする」感覚でデータをつくる方法をレクチャーしますので、楽しくてよくわかります。小学生から参加可能です。
5

value

5


横浜のおいしいラーメン屋をあつめてアプリをつくるアイディアです。
2

value

2


日本の朝市情報(位置, 時間等)を表示し, さらにユーザー(消費者, 自治体, 農業者)にアプリで色々な情報も追加可能で, 情報豊富な朝市ナビゲーター. 現在, いくつかの自治体が朝市の情報のオープンデータを共有していますが, まだ完全に活かされていないと思われます. 外国の方は日本にくると, 朝市や農業家に直接購入できる場所の情報が手に入れにくくなります. そして, この情報がほとんど日本語だけである. 2020の東京オリンピックの影響で多くの外国の方が来日することが予測できます.
6

value

4


「市町村のオープンデータ一覧を任意のHTMLページに掲載する方法(http://idea.linkdata.org/idea/idea1s142i)」を参考にオープンデータ一覧を作ってみました
11

value

10


18歳以下のこどもがオープンデータを中心としたICTスキルを学び、さらにその知識や喜びを自分のものだけでなくこども食堂などの地域を拠点として広めていくための、こどものこどもによるこどもための団体を結成して活動するアイディアです。
7

value

7


 「もくもくデータルーム」はオープンデータの知識やオープンデータ作品のつくり方を教える相談所です。オープンデータを活用したアプリケーション開発や地域活動の経験のある学生が講師となり、教えていきます。「好きなことやものをコレクションする」感覚でデータをつくる方法をレクチャーしますので、楽しくてよくわかります。小学生から参加可能です。
6

value

6


横浜市のプールの情報をオープンデータにしました。
9

value

9


 横浜ローズプロジェクト実行委員会は、ローズをテーマにしたマーケソン(マーケティングとマラソンの造語)を開催します。6月2日の「バラの日」を記念して、バラにちなんださまざまな取り組みや商品やサービスの開発を行います。
1

value

1


 「もくもくデータルーム」はオープンデータの知識やオープンデータ作品のつくり方を教える相談所です。オープンデータを活用したアプリケーション開発や地域活動の経験のある学生が講師となり、教えていきます。「好きなことやものをコレクションする」感覚でデータをつくる方法をレクチャーしますので、楽しくてよくわかります。小学生から参加可能です。
7

value

7


18歳以下のこどもがオープンデータ活動をするチームをつくりました。
6

value

5

ボヌールフェスタvol3

event date: Jun 2, 2018
Update:Feb 13, 2018

 株式会社Bonheurはボヌールフェスタvol3を開催します。
1

value

1


ヨコハマ大好きな横浜市職員有志勉強会「よこはまYYラボ」のメンバーがおススメするスポット一覧です。 超ポピュラーな場所から「え、こんなところあるの?」まで色々取り揃えております! ※注:横浜市役所の公式ではありません。
2

value

2


サッカー観戦のときに、選手やチームの情報をサクサク検索できるアプリのアイデアです。
26

value

23


横浜市内に存在するバラ園のオープンデータです。このオープンデータは、サンキューローズ隊と連携して横浜市の花がバラということと、ありがとうの気持ちを広める活動のため、横浜にお住いの方々にバラ園の存在を知ってもらうために作成しました。 現在制作中のゲーム「バラむす」のアプリ内でも活用する予定です。なお、このオープンデータはhttp://www.kanagawakankou.or.jp/special/03/page1.phpを元に作成いたしました。
0

value

0

Smile

Update:Jan 28, 2018

横浜市内の認可保育所、子ども達が遊ぶことができるログハウスを探すことができるアプリです。 認可保育所では区別に保育所を分け自分の住んでいる周辺から探すことができます。また、受け入れ人数別にも表示しています。自分の子どもの年齢のボタンを押すと、その年齢を受け入れている保育所を多い順で表示しました。 子ども達が外で遊ぶことができるか確認できるように天気のAPIを搭載しました。雨の場合でも遊べるように横浜市内のログハウスの情報を取り入れ、Google my mapで表示させました。
0

value

0


サッカー観戦のときに、選手やチームの情報をサクサク検索できるアプリ用のオープンデータです。
12

value

12

Smile

Update:Jan 13, 2018

"たくさんの認可保育所から自分が行かせたい保育所を探すのは大変なことだと思います。そんな横浜市に多くある認可保育所の情報を未就学児のお子様を持つ方が簡単に探せるようにオープンデータ化しました。このデータは横浜市のホームページ内に載っていますが種別、受け入れ年齢別など各要素で整理しています。 また、横浜市内のログハウスのデータもデータ化しており、データ化する際は緯度経度を表示しています。雨の日でも子ども達が遊ぶことができるようにデータ化しました。"
0

value

0


バラをテーマにしたゲームを作成します。バラをキャラクターして、育成。横浜市の花「バラ」を知ってもらうとともに、バラをつうじてありがとうを伝える文化を創出します。地元横浜で開催されるイベントや、プロジェクトとゲーム内のイベントを連携して、地域活動とゲーム内コミュニティを育てていきます。
2

value

2


横浜には39の子ども食堂があるとの報告があります。現在はのちに増加していることから50程度あると考えられますが、情報が不足していることや情報が分散している状況にあります。また、それぞれが協力関係を築くことができれば、発展的な活動が期待できます。子ども食堂の情報をオープンデータにして、ポータルサイトを制作するアイディアです。
23

value

22