Creativity Sharing and
Entrepreneurial Support


神奈川県の名所データ:場所名称、緯度・経度、概要、サムネール画像、クリップ動画像など。今後、旅の目的(コンセプト)、心(コンテキスト)を示す意味コードを追加して、旅のコンシェルジェサービスアプリを創る場合、その両者の組合わせに合致する複数候補の名所を抽出しリコメンドするアプリのためのデータ提供基盤を提供する。
3

value

2


【エントリー部門】アイディア部門【応募者属性】社会人【応募者名】Kenichi Shida【エントリー作品の権利指定】CC-BY【エントリー作品のURL】なし【利用しているオープンデータ】LOCAL GOOD YOKOHAMA【利用しているパートナーリソース】なし 【エントリー作品の詳細説明】 NPO法人 横浜コミュニティデザイン・ラボの運営しているLOCAL GOOD YOKOHAMAの『みんなの声』に投稿される内容を地域課題データとして抽出する。抽出された地域課題データをもとに実際に問題解決を図るためのシステムを構築するアイデア。例えば「道路(横浜市〇〇区AB町〇〇)の舗装が破損している」という投稿があった場合、当該地域の土木事務所に対して道路の舗装依頼を行う。舗装完了の連絡を土木事務所より頂き、問題解決情報として専用地図に記載する。以上のような一連のシステムを「ちばレポ」に見習って構築する。独自性としては、LOCAL GOOD YOKOHAMAに既に実装されているクラウドファンディング機能を地域課題解決の他、地域活性化を目的として使用する。
3

value

3


【エントリー部門】アイディア部門【応募者属性】社会人【応募者名】 ナカヤ タエ【エントリー作品の権利指定】 CC BY-NC-ND【エントリー作品のURL】http://la-bonheur.co.jp/ 【利用しているオープンデータ】現在はなし  (活用希望)【利用しているパートナーリソース】一般社団法人離婚準備支援協会【エントリー作品の詳細説明】3組に1組離婚するといわれている昨今。結婚後の女性は常に離婚のリスクにさらされている。結婚・離婚産業では離婚率の割に離婚予防や離婚後のフォローができていない現状がある。未病と呼ばれる段階の結婚生活がスタートする前から離婚を意識する迄のリスク予防や、結婚後や離婚後に起こりうる危機を予測しアドバイスする事で、女性を離婚のリスクから守らなければならない。 弊社はRe婚相談所を相談窓口とした直接支援と連動したアプリ・SNSの活用で結婚生活や離婚に悩む女性への支援をする一方、結婚・離婚業各者から集めたデータやオープンデータを活用し問題の解決や離婚予防、離婚後のリスク回避の為に役立つ情報提供をしていく。 また、幸せな結婚生活を維持し、幸せな夫婦・家族をふやす為の研究を「La#Bonheur」という機関で行う。そのための1つ目のツールとして夫婦の価値観を可視化するための円満ピザチェックというチェックツールをシステム化中。  結婚生活に不満を抱え主観的幸福度が低下している女性から、心から幸せを感じられる生産性の高い女性への変換を増やし、政府の掲げている主観的幸福度の向上という課題にチャレンジする。Bonheurの女性活躍支援により、結婚生活に幸せを感じられるようになった輝く女性が1億総活躍社会をリードしゆく新しい人材へと変わっていくように結婚・離婚産業一丸となる為の中間支援としてデータ活用を目指していきたい。アイデアを活かすため御指導頂きたい。
2

value

2


 近年、高校授業における課題研究が多くの学校で行われるようになり、教育的な点からも重要視されています。実際に、課題研究の授業は、僕達の通う横浜サイエンスフロンティア高校でも取り組まれており、力を入れている事例の一つです。朝日新聞により主催される高校生科学技術チャレンジや、毎日新聞の日本学生科学賞など、全国的な規模の高校生研究の大会も行われており、高校生研究は年々広がりをみせその質が高まっているといえます。  僕たちは、12月19日に「JSTリンクト・データを使い倒そう」に参加し、J-GLOBAL knowledgeにSPARQLを使って触れました。そこから、実際に課題研究に取り組んだ人間として、その経験をもとに、日本全国の後輩たちの研究を手助け出来るようなアプリケーションを作ることが出来るのではないかと考え、本アイディアを提案します。
1

value

1


日本の朝市情報(位置, 時間等)を表示し, さらにユーザー(消費者, 自治体, 農業者)にアプリで色々な情報も追加可能で, 情報豊富な朝市ナビゲーター. 現在, いくつかの自治体が朝市の情報のオープンデータを共有していますが, まだ完全に活かされていないと思われます. 外国の方は日本にくると, 朝市や農業家に直接購入できる場所の情報が手に入れにくくなります. そして, この情報がほとんど日本語だけである. 2020の東京オリンピックの影響で多くの外国の方が来日することが予測できます.
2

value

0


「市町村のオープンデータ一覧を任意のHTMLページに掲載する方法(http://idea.linkdata.org/idea/idea1s142i)」を参考にオープンデータ一覧を作ってみました
11

value

10


旅行・観光ビジネスに用いる基本データセットです。
6

value

6


【エントリー部門】  アプリ部門 【チーム名】  Yellow Line 【サービス/アプリ名】  横浜市営地下鉄 web app 【メンバー】 ・鴻谷 宙輝 尾澤一葉 二山 晃大 長田雅之 【作品概要】 ・横浜市営地下鉄 スマホ用 web app。 ・運行状況、時刻表、路線図、駅の構造、駅周辺情報の表示(現在はほかのサイトに頼っているものが多い) 【アピールポイント】 ・各鉄道会社で公式アプリがある中で、横浜市交通局は公式アプリもスマホ版サイトもない状況での登場! ・プログラムが非常にシンプルな構造となっているため後に変更を加えやすい。 ・現在の時刻を上部に大きく表示しているため時刻表使用時に次が何分発かがすぐに判断可能。 ・実際の運行車両にセンサーさえ取り付けて貰えれば、走行位置や車内混雑度などが表示される機能あり。 【使用技術・ツール】  html/JavaScript/Wix/Visual Studio 【想定ユーザ】  横浜市営地下鉄のユーザー *現段階ではWeb Appで、公開データは外部機関へのリンク設定のみとしています。時刻表データはオープンデータ化されたらそのまま引用が可能となります。 2015.3
4

value

3


私たちは現在の日本の投票率に疑問を感じ、選挙権を持たない者として何かできることはないかと考え、今回このアプリケーションを作成しました。 選挙に関するデータを効果的に閲覧できるようになっており、自宅の住所から自分の投票所を検索も可能です。
11

value

10


この度、同地方公共団体をメンバーとした第5回自治体オープンデータ推進協議会(関西会議)」を開催致します。当日は、オブザーバ、一般の傍聴席を設けます(定員50名)。オープンデータ推進にご関心のある皆様には、広くご案内いただき、ご参加いただければ幸いです。 日時:2016年7月6日(水) 10:00~15:00 (12:00~13:00は休憩) 場所:大阪イノベーションハブ 予定アジェンダ:  (午前の部)自治体オープンデータ推進施策の最新動向(仮)    ・政府標準利用規約と共通語彙推進施策におけるオープンデータの取り組み(仮)     内閣官房政府CIO補佐官兼経済産業省CIO補佐官 平本健二氏    ・総務省オープンデータ実証「官民連携データ活用による都市の魅力向上プロジェクト」について(仮)     ㈱リクルートコミュニケーションズ 榎本淳子氏  (午後の部)オープンデータからオープンガバナンスへ(仮)    ・「チャレンジ!オープンガバナンス2016」について     東京大学公共政策大学院 客員教授 奥村裕一氏    ・パネルディスカッション   <パネラー>(予定)      田畑龍生氏(大阪市CIO)      長谷川孝氏(横浜市政策局担当理事)      古崎晃司氏(大阪大学准教授)      高橋徹氏(ATR Creative共同CEO)   <モデレータ>奥村裕一氏
1

value

1


【レポート掲載】Code for YOKOHAMAでは、ICTを活用して自治会運営に役立つ仕組みを構築するプロジェクトを進めています。今回のCivic Hack Nightでは、実際にシステムを作るための要件定義とチームビルディングを進めました。
1

value

1


学校の生徒や先生に対して今までにない創造的な学びと指導のイノベーションを実現するツールと環境を提供する。基本的には思考プロセスの見える化を行い、コンテンツのメタデータの上位概念であるそのコンテンツのコンセプトやコンテキスト情報を付加し、LinkDataの対象となるようにする。即ち、そのコンテンツやサービスの提供を通して伝えたい意味やその意図・意義を示す上位概念のメタ・メタコード(スーパーメタTAG)である’Concept’や’Context’コードを付加する。これにより、従来のセマンティックスに動的な意味レベルを与えることができる。これによりコンテンツ・サービス性、再利用性・有用性の価値評価が抽象度の高いレベルでか可能となり、情報の再利用性や信頼性を高め、コンテンツ制作の劇的な生産性向上が図れる。このような考え方は広義のサービスに対する概念を従来の品質概念から品位品格や動機付けなど穂と社会とのかかわるで見ていく世界の基準を提供していけるようになる。 本提案に対して、すでにLODチャレンジ2014では神奈川名所31のLinkDataに2つのコードを加えられるように入れ物としてメタデータのカラムにセルを設けてある。その中身は実際のサービスアプリケーションから記入していってもらう。今後観光サービス系や地域の歴史や文化を学ぶ教育分野におけるメタメタコードのあり方は、オントロジー、更にメタオントロジーとして体系化が必要であり、医療健康や農業IT,教育分野を周真意まとめていく。スーパーメタの世界はコンテンツ、サービスのの流通交換で必須の項目となる。 今回の提案でメインの「先生支援システム」を説明する。これは基本的にコンテンツ制作における様々な問題を解決するものであり、特にパワーポイントが抱える問題や、常に付きまとうシナリオデザインの問題を解決するも出である。背景には日本の子供の学力低下の問題がある。この解決には今までに無い発足の「学びと指導の創造的なイノベーション」が必要である。 実際に開発されたシステムを使い、オーサリングを行ってもらい生成されるメタメタデータを収集、これをやはりLODDatあにフィードバックし、学びと指導とそれに先立つ教材コンテンツの制作や学習オントロジーの顕在化を行うものだえる。ここにも、コンテンツの階層や抽象度理解力の不足問題を解決して育狙いがある。 尚、学習は幅広いい実をもち、生涯学習、職業教育、再教育、公民教育など多岐にわたる。観光産業をそだてる、農業ーTPP問題を解決するなどすべて教育、人財教育であり、本アイデア提案の狙う意図は実際はアイデアの実証としてのメタメタデー野の世界を一般化することが基盤的な話として横たわっている。
6

value

6


困ったときにすぐ必要なのは、ハードではなくソフト面のサポート。 そのための「共助」の意識づくり、仕組みづくりに役立つアプリです。 【エントリー部門】 アイディア部門 【応募者属性】 社会人 【応募者名】 鴨川 威、小林 巌生、小堀 優井、林田芳代子(4名) 【エントリー作品のURL】 http://www.slideshare.net/KayokoHayashida/ss-56549967 【エントリー作品の権利指定】 CC BY 【利用しているオープンデータ】 ・避難所、診療所、薬局などの位置データ ・建物の構造データ、標高データ・傾斜データ 【利用しているパートナーリソース】 ■ Tangerine(株) http://tangerine.io/service.html ・ビーコンを活用した、スマートなインフラネットワークの構築を目指す。「位置」と「近接」の検出技術が提供可能(0~40m程度のユーザーに対して位置と近接のコンテンツサービス適用)。 ・動きに合わせて様々なインタラクションを出す、大規模ビーコン管理機能、マルチベンダービーコンサポート ・固定ビーコン(ロケーションに設置)と移動ビーコン(ユーザー所持)で、行動ログからHeat Map作成。Wireless Japanの会場で活用(各展示場所の滞在時間を測定)。  1 避難地などの場所を登録したら、近づくと音が鳴る  2 オリジナルアプリを開発し、ビーコンと直接連携したい方へ   【エントリー作品の詳細説明】 ○アプリの目的 緊急救助に必要不可欠な個人情報を入れたビーコンを持ちあるく/身近におくことで、 救助に必要不可欠な個人情報を短時間で救助者に提供し、 かつ緊急時の人々の救助に対する心のハードルを下げることで、 緊急時にたすけられやすく、そして人々の「私でもこの人のために何かしてもよいかも」の思いをつくることを可能にするアプリ。 将来的には行政やNPO等によって、当該ビーコンを多数の人に配布することを想定しています。 ※緊急救助に必要不可欠な個人情報 …氏名、住所、家族構成、生活、仕事、身体状況(病歴・アレルギーを含む)、常用薬、緊急連絡先など。 当該情報なしで救助活動を一般の人が行った場合に、その一般の人(救助者)にリスク(例:救助者にこの薬を飲ませたことで容体が悪化する)が発生する情報を想定しています。 (詳細は、以下の「アプリの機能(概要)」、「アイディアの背景にある思い」及びスライドを参照のこと。) ○アプリの仕組み(概要) 緊急に救助を求める人が、その人の個人情報を、ビーコンを用いたアプリによってサーバーを介して、本人の身近にいる人に伝えることを可能にします。 サーバーを活用することで、情報の過度な漏えいリスクを低減させることができるとともに、救助に必要不可欠な個人情報のみを、容易にビーコンで伝え、救助の可能性を高めることができます。 また、このアプリを広めることで、ふつうの人々に「私でもたすけられるかも」という思いを広め、”緊急時には救助行動”をするという意識づけをすることができます。 ○アイディアの背景にある思い まずは、以下の3つの事例を想定します: ■事例1(一人暮らしの高齢者) 近くに頼れる人がいない。トイレが気になって外出が不安。持病があり一人でいるときに倒れたらどうしよう。 ■事例2(訪日留学生や、外国人観光客) 土地勘もないし、いま地震にあったらどうしよう。安全な避難場所や、母国語で対応してもらえる情報の窓口を知りたい。 ■事例3(妊産婦さん) 一人目の子供がまだ小さい。現在は二人目を妊娠中。旦那も仕事で日中はそばにいない。子どものことで困ったり、突然自分の体調がわるくなったら? 上記1~3の対象者には、それぞれハンディがあります。 1.高齢者は、「加齢による、身体・判断・認知機能の低下」というハンディ、 2.外国人は、「地域限定で、情報・経験・人脈が足りない」というハンディ、 3.妊産婦は、「期間限定(産前・産後)のハンディ 3.11東日本大震災の時も、被災者を助けたのは公助ではなく、その場にいた周りの人との助け合い(共助)が9割以上でした。 でも、目の前でだれかが倒れていても、何もしないほうがリスクを負わなくて安全と思ってしまう、すなわち”救助への心のハードルを高く持ってしまっている”人が多いように思います。 さらに、そうはいっても、「救助すべき人がいたのに助けられなかった」との罪悪感を持ち、PTSDを患ってしまう人もいます。 そこで、「共助」を実現するために: ・誰かが困ったときに、ビーコンでかんたんに助けを求めることができたら。 ・その人の居場所に誰かがたどり着いたときに、本人が話せないような状態であっても、個人情報がサーバーからもらえたら。 ・事前に本人や家族が登録しておいた緊急連絡先に、助けに来た人がすぐに連絡することができたら。 そうしたら、もっと多くのひとが適切にたすけられ、たすかるのではないか。 そんな思いで考案しました。 また、「ビーコン×データ」は汎用性が高く、最近は服や靴の裏にも貼れるフレキシブルな素材のビーコンも開発されているので、将来的には、認知症高齢者の徘徊防止ネットワークや、子供の見守りネットワークにも応用できるのではないかと考えています。
10

value

9


オープンデータの祭典「インターナショナル・オープンデータ・デイ」(IODD)横浜での開催は4回目となります。興味のある企画に自由に参加してください。
4

value

4


みんなでデータを持ちよってランダムな組み合わせでアイディアを考えるという企画
1

value

0

IODD2016作戦会議 in YOKOHAMA

event date: Jan 28, 2016
Update:Feb 22, 2016

Code for YOKOHAMA - Civic Hack Night vol.07内で開催した「インターナショナル・オープンデータ・デイ 2016 in YOKOHAMA 作戦会議」の成果をまとめました。
7

value

0


横浜の「良さ」や「課題」を発見できるデータを共有することで、市民が関連性を発見し、行政に伝えられる仕組みの提案
1

value

0


スポットのデータと、プロポーズの成功率のデータを合わせて提供
1

value

0


横浜の音をオープンデータにしたり、逆にデータを音として表現するというアイディア。
1

value

0


なんとなくのイメージでしか持っていなかった横浜の魅力をデータで表せるようにする企画。
2

value

1


船を会場にオープンデータイベントを開催することで、世界とのつながりや平和を意識した議論ができるという企画。
2

value

1


トライアスロンや振り付け等をVRで疑似体験できるイベントの企画
1

value

0


「半島をハックせよ!」をテーマに、横浜・横須賀・鎌倉のテック系3団体が協力して地域を盛り上げるためのサービスやアプリなどを開発するハッカソンを開催します
3

value

2


鎌倉市・横須賀市・横浜市の3市におけるハッカソンで選出された受賞者を一同に集め最優秀作品を決定します。
2

value

2

とくらく×Peatix「シビックプライド」支援キャンペーン

subscription period: Nov 17, 2015 ~ Dec 28, 2015
upper-limits amount: 100,000 yen
Update:Jan 30, 2016

「とくらく」と、イベント管理サービス Peatixは、まちづくり活動に資する個人、団体などのイベント主催者を募集し、活動の経費や広報などを支援しています。
3

value

1


観光庁は観光地域を中心に、訪日外国人旅行者の受入環境整備のための戦略拠点と地方拠点を指定しています。日本国内の戦略拠点と地方拠点(49拠点)を汎用的に用いられるようデータセットにまとめたものです。
1

value

1


【平成27年度横浜市経済局 オープンデータ活用ビジネス化支援事業】第三回ビジネス活用のためのオープンデータセミナー「ビジネスで使えるオープンデータの技術」
2

value

2

放置自転車LOD

Update:Jan 18, 2016

放置自転車のLODです。放置自転車の台数,場所,時間,要因などの情報を含んだ時系列LODとして公開しています。さらに,各観測地点における欠測値を確率的に推定・補完しています。 開発中につきデータ構造が変わる可能性があります。
4

value

2


僕たちは、選挙投票率を向上させるには、現在あまり関心のない人に関心を持ってもらうことが重要だと考えました。しかし、選挙そのものを支援する類のアプリケーションでは、新たに選挙に行く人を増やすことは難しいと考えられます。そこで、投票年齢引き下げに着目し、主に学生に向けて選挙への関心を高める為の教材を開発することに意義を見出しました。アプリケーションは複数人で行う事を想定しており、個人では行えないので注意してください。
4

value

4


放置自転車の時系列変化を地図上に可視化するアプリケーションです。 スマホで放置自転車の台数を投稿すると、その情報がリアルタイムにLOD化され地図上に可視化されます。
2

value

2