Creativity Sharing and
Entrepreneurial Support


国立研究開発法人情報通信研究機構は、NICTサイエンスクラウドを活用して、読売新聞社の協力により約30年分(1987年以降)の新聞記事をカテゴリ・キーワードで時系列可視化し、時間スケーラブルに表示するWebアプリケーション(SOMATO:走馬灯)の開発に成功しました。これにより日時や文字列による記事検索が主流であった新聞記事データベースが、カラーパレットによりスケーラブルに表示・分類・検索する可視化技術を確立しました。カラーパレットによる可視化は他分野ではこれまでにも行われていますが、1週間から30年間(1800倍)のスケーラビリティーでメディア情報を可視化した事例は初めてです。本技術の開発により、文字列検索とは異なる俯瞰型の新聞記事情報検索や分野横断的な事象の発見型検索が可能となり、例えば現在文部科学省を中心に進められている小中学校・高等学校の「アクティブ・ラーニング」への寄与が期待できます。
22

value

21


「自分で作る可視化アプリ」を利用し、「オープンデータで作る全国避難場所マップ」に集約されている地図をマッピングしました。
7

value

5


候補者の政策と地域の課題を地図上で一目で見られる地図です。(作成:早川聖奈・早稲田大学マニフェスト研究所・神奈川新聞、協力:首都大学東京 渡邉英徳研究室)
5

value

4


全国の農業に関するオープンな統計データを用いてGISのように重ね合わせを行った。
5

value

5


地方選挙の立候補者のマニフェストをワードクラウドで見ることができるアプリです。
5

value

2


2015年8月13日に長野県須坂市で行われたオープンデータソンを期に作成しました。 一部電子化されたものを除き、紙媒体の人口統計をデータ化し、オープンデータとして公開されたものを二次利用しています。 紙媒体をアーカイブ化し、オープンデータとした成果としての可視化です。
4

value

4


2015年8月2日、「上田きよし現埼玉県知事実績検証ハッカソン」 (早稲田大学)が開催されました。主に「E2D3」を活用しながら、埼玉県の過去とこれからの選挙戦をデータビジュアライズしました。
4

value

3


LODチャレンジ2015データセット部門応募「県別各年度データバンク」のRDFデータを可視化しました。県別にGDP・人口・出生率の推移を散布図アニメーション表示します。データがそろえば機能拡張して地価や貧困率など他データも表示可能です。 本ツールは、D3を使ったRDFデータのアニメーションによる可視化ツールです。 1.散布図は多次元データのプレゼンテーションに有効です。 2.経年・時間変化をアニメーションの採用で直感的に見ることが出来ます。 3.データ(RDFストア)と表示アプリ(D3、JavaSCript)が分離されており広い範囲に適用可能で分業も促進できます。
4

value

4


DATA.go.jpの無料公衆wi-fiスポットを可視化しました。 42259カ所のスポットを可視化しています。 クラスタリングを行うことで、大きく傾向を掴むことが出来ます。 (クラスタリングはGit Hub Dave Leaverのアルゴリズムを使用しています)
4

value

4


こちらは上田洋さんの作成された「SPARQL Timeliner」(http://uedayou.net/SPARQLTimeliner/)を再度編集し、作成したWebアプリケーションです。愛知県の文化財RDFデータ(http://idea.linkdata.org/idea/idea1s1512i)を利用し、可視化させております。各文化財カテゴリ毎の表示機能が追加されております。
2

value

2

Pedestrian Map Mito

Update:Jan 17, 2016

水戸市から公開されている歩行者通行量調査の通行量データを教師データに、水戸の中心市街地の通行量を推定しました。※本データは推定データであり、実績値ではありません。ご利用になられる場合は、自己責任でご利用ください。
2

value

2


ぐるなびに登録してある東京都内のレストラン93,778件の位置、カテゴリー、予算額をヒートマップを使って可視化しました。
2

value

2


2015年4月18日までに「マニフェストスイッチプロジェクト」の登録されたものより、登録日時データと「E2D2」(Simple Bar Chart機能、Dot Bar Chart機能)を用いて、政治家(もしくは秘書、事務局?)の生活スタイルをちょっとだけ垣間見ます。
2

value

2