Creativity Sharing and
Entrepreneurial Support


横浜には39の子ども食堂があるとの報告があります。現在はのちに増加していることから50程度あると考えられますが、情報が不足していることや情報が分散している状況にあります。また、それぞれが協力関係を築くことができれば、発展的な活動が期待できます。子ども食堂の情報をオープンデータにして、ポータルサイトを制作するアイディアです。
4

value

3


三浦半島の美味しいお店の情報をオープンデータにして、観光アプリを自動的につくりだす地域活性データプラットフォームのアイディアを発表しました。また、実際に作成したデータセットとアプリケーションのデモンストレーションをしました。
2

value

1