Aiming to find game that people would like to play with only favorite game titles.
0

value

0

[ノート]自由研究企画ノート

event date: Jul 28, 2018
Update:Jan 22, 2020

1

value

1

1

value

1


現在,国土交通省が運営する、「ハザードマップポータルサイト」で日本のさまざまな地域のハザードマップを提供している.公開されているデータは,pdfのような静的ファイルである.そのため外出中などで自宅から離れた場所であると地図だけでは自身が今地図上のどこにいるかなどがわかりにくい.また,静的ファイルなので現状の災害情報なども別途調べる必要がある.そこで今回はスマートフォン向けのアプリケーションによるハザードマップ上に自身の位置情報を付加の提案をする. 位置情報がわかると,その場所の災害の警報(気象庁等のAPI)などの情報や自分は帰宅困難者であるか,避難所や一時滞在施設(http://nlftp.mlit.go.jp/ksj/gml/datalist/KsjTmplt-P20.html)までの道案内などさまざまのサポートできると考えられる.
0

value

0


大学研究室の研究活動で目指している目標を「ミッション」と見なし、その具体的な活動内容をLinked Open Data (LOD)にして公開することで、組織内外での協働に繋げたい。 具体的には、各ミッションごとにWork Breakdown Structure (WBS) 的なタスクのツリー構造を作り、その一部を選択的にLOD化できるWebアプリケーション「MissionForest」を開発した。 ツリー構造中の各タスクに実験データ、論文、発表スライド等を紐づけて公開することで、オープンサイエンスやオープンイノベーションに繋げる仕組みを目指している。
7

value

7


Web上の議論構造を作成するツールです。IBIS (Issue-based Information System) という有名な議論構造を使って議論を整理し、それをLOD化します。 ・議論を見やすくまとめたい。。。 ・どんなアイデアがあるのか、それぞれどんな利点や欠点があるかを構造化したい。。。 ・議題の背景知識がなくても、関連情報をWebで調べながら議論してみたい。。。 というそこのあなた。IBIS CREATERがあなたをサポートします! LODチャレンジ2018 アプリケーション部門 優秀賞
5

value

5

3

value

2


発車メロディ
2

value

1

3

value

3


補助金申請(助成制度利用)に役立つデータベースです。
2

value

2

2

value

2


ぼくはカブトムシがすきです。いえで40ぴきぐらいのカブトムシをそだてています。カブトムシはたくさんのひんしゅがいます。カブトムシのひんしゅのデータや、しいくのどうが・がぞうをこうかいしました。みなさんも カブトムシのデータやどうが・がぞうをさんこうにして カブトムシをそだててほしいです。
2

value

1


地理的表示登録産品について、「Lindata.org」や「LOD Smart index」を用いてデータセットを作成し、オープンデータにしました。
5

value

5


地域団体商標を構造化して、オープンデータとなるように整理しました。
3

value

3


誰しも一度は、秘境に憧れたことがあると思います。このツールを使うことで、様々な地域の秘境集落を探索することができます。 【使い方】 対象地域や人口などの条件を入力して探索ボタンを押すと、条件に合う集落が秘境度順に表示されます。また、各集落のGoogle Mapのリンクも併せて表示されるので、興味のある集落を航空写真やストリートビューなどですぐに確認することができます。探索された集落の位置を地図上で一覧で見る機能も備わっています。 【集落探索方法】 国勢調査の5次メッシュ人口データを用い、人口を持つ隣接したメッシュの人口を集落として定義します。集落の「都会度」を、集落外のすべてのメッシュについて(人口/距離^2)を足し合わせた値として定義し、都会度が低いほど秘境度が高いと定義します。つまり、より近くにより多くの人口があれば都会であり、その逆であれば秘境となります。 【その他の機能】 まったく同じ発想で、様々な秘境施設を探索する機能も備えています。いまのところは以下の秘境施設を探索できます。 ・郵便局 ・小学校 ・駅 ・廃駅 ・道の駅 ・ニュータウン ・研究機関 データは主に国土数値情報のものを用いています。 ソースコード↓ https://github.com/ogawa-tomo/search-isolated-villages-2.git
0

value

0


様々な社会問題/社会課題に関する情報です。
1

value

1


年間来場者数200万人と多くの人で賑わう横浜の山下公園を中心に、アートスポットをまとめました。地図作成アプリDigroundに、横浜の芸術文化情報に関するオープンデータであるヨコハマ・アート・LOD by 公益財団法人横浜市芸術文化振興財団を連携。 アートスポットは選択肢が多くて選べないといったケースを防ぐ為に、山下公園から距離が近い場所を厳選。施設の簡単な説明と、イベント情報や施設情報が見られるURLを掲載。 山下公園で過ごす時間と共に、芸術文化に親しむことができる内容に仕上げました。
0

value

0

東京外都民

Update:Nov 19, 2019

東京都以外の神奈川都民(横浜都民)、埼玉都民、千葉都民、茨城都民に関するデータです。
1

value

1


札幌証券取引所に単独で上場している企業(銘柄)の一覧です。
1

value

1


福岡証券取引所に単独で上場している企業(銘柄)の一覧です。
1

value

1

LOD Smart Index

Update:Nov 15, 2019

 Linked Data 公開手法の新しい形の提案です。  草の根レベルで Linked Data の普及を促進するために、設置の容易さ、使いやすいインターフェース、そして優れた「人間判読性」をコンセプトとして設計しました。  元データのオープンデータと「index.html」をサーバに転送するだけで、以下の機能を持つWebサイトが簡単に構築できます。 @ URIの参照解決を可能とする @ Googleライクなデータの検索ができる @ SPARQLが利用できるようになる @ データを様々なフォーマットで出力できる  (RDF/XML、JSON-LD、Turtle、N-Triples、CSV) @ スマートフォンにも最適化  LOD Smart Index は、オープンライセンスで提供しており、どなたでも自由にお使いいただけます。  HTMLとJavascriptのみでできているため、サーバサイドの難しい設定は一切不要です。  まずはデモをご覧いただき、気に入っていただいたら、自作のLOD公開のサポートツールとしてぜひご活用ください。 (LODチャレンジの過去の受賞作品など、多数のLODオープンデータを利用させていただきました。感謝!)
10

value

3


 北海道が公表するオープンデータのうち、「北海道お魚図鑑」はウェブサイトの形式で公開されています。汎用的となるようデータベース化していく必要があると考えられます。
4

value

4


長野県須坂市で開催している,須坂子どもArduinoプログラミング教室のレシピです。このレシピの応用として津山料理レシピLOD http://linkdata.org/work/rdf1s4850i を作成しています。
10

value

5


レシピのRDFです。鯖江特産吉川なすのレシピを引用して、レシピの情報を機械可読データとして整理したものです。フォーマットは、横手市にこにこレシピ(作品番号:2013-d019)を参考にして作成しました。
3

value

2

2

value

1


このかんたん和物えいごまとめ「日本のおみやげ」は英語のウィキペディアを参考しました。日本の人は、日本のことをあんまりうまく英語で紹介できないので、英語のウィキを見て、和物をうまく紹介できるようになればよいと思います。あと、まだまだ和物はあると思うので、これからも調べてまとめていきたいと思います。
2

value

1

3

value

3

5

value

4


声優LODの構築およびそれを用いた声優のキャスティングに向けて、声優、TVアニメおよびキャラクターについてRDF化を行った作品である。
2

value

2


厚生労働省栄労働省の医療、介護費関連のオープンデータから全47都道府県の「一人当たりの老人医療費」と「高齢化率」「要介護率」のデータの相関の相関分析を行い可視化する。これによりその自治体の医療費の固有性分析を行い、地域住民と地域行政の対話と改善策の発見をを支援する。その共創的コミュニケーション及び多次元分析可視化ツールのXVIEWの活用を行う。これは昨年まで何度かこの場で活用紹介をしてきたものである。 又、全国810市町村の歳出分析を実施し、医療費とともに数々の「一人当たりのXX]との費用の相関分析を行えるようにした。この一連の作業を産学公民連携のワークショップを開催し、市民が公共的な問題も自分の問題として認識できるようメンタルなイノベーションを実現していく。これを応援するものとして、スマートウオッチや電子健康手帳の様なツールを開発しているチームと連携して、目的の実現を図っていく。 これらの活動から、5年のうちに医療費をX%、介護費用をY%下げるための理論値(実現可能な目標値)を設定し、ライフスタイルイノベーションとして個人が何をすればいいかを共に考え共に解決するコミュニティ形成を実現する情報インテリジェンス基盤を構築していく。
3

value

3

Show More