横浜市の健康寿命延伸21(第二期)で平成25年度に行われた市民意識調査は主として生活行動習慣や背景となる生活意識を16800人に対して行ったものです。他方、人口動態調査から得られる高齢化率や要介護率などのデータは別々の組織からバラバラに提供されています。今回その横断分析をを行い、両者の相関性を求め地域固有性を見つけ、その地域にあった包括ケアやサービス設計の支援となるデータセットをまとめました。エクセルレベルでやれる可視化分析ではその手間隙と問題の認識性に限界があり今回XVIEWというクロス分析と可視化結果をSNSベースでコミュニケーションできるようにしています。これにより様々なステークホルダーが自分の立場からその地域に適合したた形での問題の解決に向かうことが可能になってきます。現実面では個人個人に適合したサービス提供になってきます。このあたりはサービススタッフの全人間的なサービス、コミュニケーション力が求められ、教育問題が非常に重要になってきます。そえには現状理解と起きている現象の踏みこんだ理解が求められます、 特に後期高齢者が増え、看りや認知症の対応など精神面のサポートが重要になってきます。
6

value

4


「横浜市 区別市民意識ー要介護・高齢化率クロス分析」を例として、オープンデータの利活用の諸問題と、意味・意図のメタ情報を付加したデータ構造体作成について述べる。 オープンデータの種類、公開のされかたは様々あり、PDF、EXCEL、CSV.などデータ形式だけでなくそのデーら論理構造が様々でありそのままではリンクを取ったりマージができない場合殆どである。例えば横浜市でもデータ内容がそれを作成した部局でフォーマットが異なったり、データ尚列順序が異なったり栗栖分析することができない。そしてクロス分析だけでなくある目的にデータ構造(論理ー意味構造)を持たせるためにはその目的にあったものを再構成するしかない。 本事例では市民意識調査、高齢化率・要介護率のほか生活保護や生活基礎調査のデータから、その間の相関性を求めるために、データを2階層にカテライズした事例をしめす・それをメタ・メタデータと呼んでいる。最上位層は生データの持つ性格や使用目的をあらわし、その下位階はその理由やブレークダウンしたものである。この2つをメタ・メタデータと呼んでいる。最下位層はメタデータでありデータの属性をしめすものである。 イープンデータを利用する場合、単独での利用もあるが、一般にデータとデータの関係性に問題の所存がありその関係性を分析すること問題の解決やサービスを生み出すことができる。また、情報検索を行う場合、データの持っている性格や情報発信側の意図するところを見つけ検索したり、情報発信側がそのデータセットをもっと利用してもらいやすいような抽象度を高めた名前付けをすることでオープンデータとしてもっと使ってもらいやすいようになる。 今回ここに示す事例では上記のようなカテゴイズを行い、クロス分析をする場合、上位概念での相関性を考えることで物事をマクロにみることができる。このような考え方を一般に普及させることを進めてきた。 コレラのことはセマンティックWEBと密接に絡んでいる。形式的意味論から本質的息論にたつことで、AIにおける諸問題がかなり見通しがよくなると考える。
6

value

4


SDGs(持続可能な開発目標)に関するアプリケーション「SDGs検索アプリ」 などを提供します。
6

value

4

6

value

4


食育イベントなどで活用するランチョンマットをつくりました。イラストは健康づくり課職員さん手描きのオリジナルイラストで,オープンデータ(CCBY須坂JAPAN)として公開しています。この取り組みは「健康長寿発信都市『須坂JAPAN』創生プロジェクト」の一環です。
6

value

2


学校の生徒や先生に対して今までにない創造的な学びと指導のイノベーションを実現するツールと環境を提供する。基本的には思考プロセスの見える化を行い、コンテンツのメタデータの上位概念であるそのコンテンツのコンセプトやコンテキスト情報を付加し、LinkDataの対象となるようにする。即ち、そのコンテンツやサービスの提供を通して伝えたい意味やその意図・意義を示す上位概念のメタ・メタコード(スーパーメタTAG)である’Concept’や’Context’コードを付加する。これにより、従来のセマンティックスに動的な意味レベルを与えることができる。これによりコンテンツ・サービス性、再利用性・有用性の価値評価が抽象度の高いレベルでか可能となり、情報の再利用性や信頼性を高め、コンテンツ制作の劇的な生産性向上が図れる。このような考え方は広義のサービスに対する概念を従来の品質概念から品位品格や動機付けなど穂と社会とのかかわるで見ていく世界の基準を提供していけるようになる。 本提案に対して、すでにLODチャレンジ2014では神奈川名所31のLinkDataに2つのコードを加えられるように入れ物としてメタデータのカラムにセルを設けてある。その中身は実際のサービスアプリケーションから記入していってもらう。今後観光サービス系や地域の歴史や文化を学ぶ教育分野におけるメタメタコードのあり方は、オントロジー、更にメタオントロジーとして体系化が必要であり、医療健康や農業IT,教育分野を周真意まとめていく。スーパーメタの世界はコンテンツ、サービスのの流通交換で必須の項目となる。 今回の提案でメインの「先生支援システム」を説明する。これは基本的にコンテンツ制作における様々な問題を解決するものであり、特にパワーポイントが抱える問題や、常に付きまとうシナリオデザインの問題を解決するも出である。背景には日本の子供の学力低下の問題がある。この解決には今までに無い発足の「学びと指導の創造的なイノベーション」が必要である。 実際に開発されたシステムを使い、オーサリングを行ってもらい生成されるメタメタデータを収集、これをやはりLODDatあにフィードバックし、学びと指導とそれに先立つ教材コンテンツの制作や学習オントロジーの顕在化を行うものだえる。ここにも、コンテンツの階層や抽象度理解力の不足問題を解決して育狙いがある。 尚、学習は幅広いい実をもち、生涯学習、職業教育、再教育、公民教育など多岐にわたる。観光産業をそだてる、農業ーTPP問題を解決するなどすべて教育、人財教育であり、本アイデア提案の狙う意図は実際はアイデアの実証としてのメタメタデー野の世界を一般化することが基盤的な話として横たわっている。
6

value

6

RESAS LOD

Update:Jan 17, 2017

【エントリー部門】データセット部門 【応募者属性】学生 【応募者名】鈴木佑基, 吉村貴普, 年岡晃一 【エントリー作品の権利指定】CC0 【エントリー作品のURL】 http://lodcu.cs.chubu.ac.jp/SparqlEPCU/project.jsp?projectID=suzukipro 【エントリー作品の詳細説明】 「RESAS LOD」 ・概要 地域経済分析システム「RESAS」からRESASより提供されるAPIを用いてデータをJSON形式で取得し、CSV形式に変換、データの2次利用を目的にRDFstoreに登録を行っています。 以下のURLはデータを簡易的に見るためのものです http://lodcu.cs.chubu.ac.jp/resas/ ・詳細 現段階では、RESASAPIを用いることで取得できる74項目のうち28項目がデータの取得・CSV化、 RDFstoreへの格納が完了しています。データは随時、取得・CSV化・格納を行っていきます。 また、アプリケーション開発時にRDFstoreにデータが登録されているためアプリ作成者が 必要なデータをSPARQL文を用いることで自由に取り出すことができます。 -現在登録されているデータのクラス一覧- 都道府県一覧 市区町村一覧 旧市区町村一覧 産業大分類 産業中分類 産業小分類 職業大分類 職業中分類 特許、技術分野 特許、技術テーマ 税関 輸出入花火図_地域 輸出入花火図_国 農業部門 特許権者の所在地 輸出入花火図品目_大分類 輸出入花火図品目_中分類 輸出入花火図品目_小分類 特許一覧 指定地域への国籍別訪問者数 企業数 事業所数 創業比率 有効求人倍率 従業者数 一人当たり賃金 年間商品販売額 農産物の出荷先別販売金額構成 農産物の出荷先別経営体数割合 農業部門別販売金額
6

value

6


昨年度に引き続き、オープンデータ&オープンイノベーションで通勤問題解決を目指します。 今年度は「鉄道事業者をまたがる駅のバリアフリールート検索」に取り組みます。 1.問題意識 現在、既に鉄道各社は自社の駅バリアフリーマップを公開していますが、二つの大きな問題があると考えています。 (1)マップを見ても、バリアフリーなルートを探すのが大変難しい。 ・(例えば車椅子が通れない)段差がどこにあるのかがわからない。 ・どのルートが該当するかもわからない。 ・複数のルートがある場合でも、より負担の少ないルートがわからない。 (2)鉄道会社ごとに作られているため、ターミナル駅で鉄道会社をまたがるバリアフリールートがわからない。 ・例えば、渋谷駅の「井の頭線の開札」から「副都心線の開札」までのバリアフリールートは、このまま誰も何もしないと永遠に計算できない可能性が高い。 2.解決策 上記の問題を解決するため立ち上がりました!まずはターミナル駅(渋谷駅)で、京王井の頭線改札口、東京メトロ銀座線改札、JR玉川口改札の間のバリアフリールートを検索するプロトタイプを開発します。 プロトタイプ完成後、メンバーを増やしつつデータ整備を進めたり、鉄道会社にアイデアをPRしつつ、カバーする駅を広げていきます。 3.参加メンバー(敬称略) ・年岡晃一 ・木田和海(リーダー) ・浅野優 ・板垣真太郎 ・小副川健 ・大林勇人 今年度から参加 ・植田順 4.開発内容 4.1.データ設計 (1)データトポロジ GISで一般的に用いられている、エッジ(今回はWay)とポイント(今回はPoint)といった2種類のクラスで、駅構内の施設や通路を表現する方式を採用。 (2)クラス定義 下記(記事)参照。 4.2.データ収集 2015年1月11日(日)午後に渋谷駅にてフィールドワークを実施して、京王井の頭線改札口、東京メトロ銀座線改札、JR玉川口改札の間のバリアフリールート検索に必要なデータを収集。 4.3.開発するアプリケーション (1)データ収集のためのツール (2)バリアフリールート表示アプリケーション
6

value

4


 「横浜市 市民意識調査」のデータは印刷物であり、せいぜいPDFとなっているがデータテーブルでなくグラフに書かれた数字を読み取って必要なデータを表で作成するしかありませんでした。多次元分析や、各種の可視化表現を行えるようにするためのデータを作成しました。 本データセットはEXCEL上で統合編集を行ったものです。横浜市の健康寿命延伸21(第2期)の一環として健康福祉局 保険事業課と衛生研究所が調査してレポートしたもので、紙印刷媒体で提供されているものから「有意差」があるものを選択したものをメインとしています。それに、横浜市統計ポータルからの高齢化率・要介護率データや生活基礎調査などからデータをピックアップして35項目にまとめたものです。 EXCELベースで様々なデータ分析可視化はできますが、統計処理ソフトや可視化ソフトで有償無償のものをうまく組み合わせることでっ目的にあったメッセージ変換が可能です。上記様々なデータソースはフォーマットgやデータ配列がばらばらなので、結局このような形の中間データ構造体を作成せざるを得ませんでした。しかしながら、別のLODチャレンジ2018で応募しているようなメタデータ、メタメタデータ(TAG)付けを行うことで、より意味と目的をもったデータ分析が可能となっています。このデータセットと他の様々なデータとの組み合わせによる分析比較を行った場合、その結果を共有できる公開をお願いします。
5

value

3


郷土かるたとは、読札と取札からなる「いろはかるた」の一種であり、特定地域の名物を読み込んだもので、日本各地に500種類以上あるといわれています。郷土かるたLODのデータセットを活用すれば、各地の観光情報にできるほか、国語教材・社会科教材の作成が可能となります。
5

value

3

5

value

5


岡山県津山市のマルイスーパーさんで紙で配布されている料理レシピです。元のレイアウトを復元できるよう工夫しています。この津山料理レシピLODは,須坂子どもArduinoレシピLODを応用しています。
5

value

3


11月から12月にかけて「文化観光」「健康増進」そして「オープンデータの利活用」をテーマにしたアイデアソン、ハッカソンを開催します。
5

value

4


市区町村別の避難所データは、それぞれの自治体によりフォーマットがバラバラで、アプリケーションからは利用しにくいのが実態です。 自治体から提供されているデータを元に、アプリから利用しやすいように緯度・経度情報を付与した上で、簡単なAPIで取得できる形で公開を予定しています。 現在対応済みの地域:千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、世田谷区、渋谷区、練馬区、足立区。
5

value

3

im@sparql

Update:Aug 30, 2018

im@s + sparql = im@sparql 広がるアイマスワールドをオープンデータ化 WebやアプリからSPARQLで検索・利用可能なエンドポイント
5

value

5


OpenWorks - 社会課題解決/政策提言システムは、社会課題解決のためのアイデアソンやそれに関係するプラットフォームです。オープンデータを公開・活用することで、透明性を高め公平性を保てるしくみとしております。
5

value

3


日本酒情報サイト「酒仙人」のサイトに記載されている日本酒の基本的な情報(醸造元、アルコール度数、使用米など)をRDFにしたものです。 さらに日本酒のソムリエ資格である「唎酒師」の資格を有する作者がテイスティングしたコメントも記載。 3/21 酒蔵の経度緯度情報を修正
5

value

3


候補者の政策と地域の課題を地図上で一目で見られる地図です。(作成:早川聖奈・早稲田大学マニフェスト研究所・神奈川新聞、協力:首都大学東京 渡邉英徳研究室)
5

value

4


LODを利用した観光まちあるきスマートフォンアプリケーション「はこだてMap+(プラス)」のAndroid版を2015年12月25日にリリースしました。おすすめ観光コースを歩きながら、観光スポットにまつわる+α情報を知ることができます。はこだてMap+のiOS版の開発は2012年から開始し、2013年12月にリリースしました。その後、Android版の開発を開始しました。今年度中に、検索機能など更に使いやすいアプリへ改善していく予定です。
5

value

4

国会DB

Update:Feb 18, 2015

国内の全政治家(国会、都道府県議会、市区町村議会)の情報と連絡先を収集しています。 現在収録されているのは国会議員と都道府県議会議員および知事を合わせた3328人であり、その情報はプログラムによって機械的に日々更新されています。 最終的には、市区町村議会議員30000人分も収録し、全国各地の権力構造の可視化とシミュレーション、自然言語処理による議員の「人間性」の可視化とそれに基づいたマッピング、制度改善の提案、日本国外の議員DBの作成(米国、中国の全人代、韓国の一院制民主主義...etc)、その他目先の選挙の勝敗や特定の党派性に囚われず長期的な視野で政治をよく理解し面白いと思えるようになるための企画(例:議員の顔写真の合成による『平均的な議員』の顔の割出し、ポスターやチラシのアーカイブ化、世論調査や経済統計のデータの統合)を行なっていく予定です。
5

value

5


E2D3 is an Excel add-in for data visualization. It is available on Excel 2013 and after or OneDrive, online excel. It allows users to visualize their own data on Excel without any coding or D3.js skill. It is open source project. The application is free. E2D3 is the name of application and its community for developers, contributors and users. Our community offers opportunities for people who are facing the data-driven world. E2D3 helps data visualization and journalism based on data.
5

value

5


オープンデータの祭典「インターナショナル・オープンデータ・デイ」(IODD)横浜での開催は4回目となります。興味のある企画に自由に参加してください。
5

value

5


アニメやゲームの増加に伴い声優の数も増えている. アニメやゲームと声優の繋がりを整理することで,新しいサービスが生み出せないかと考えた. 本アイデアでは,アニメやゲームに登場するキャラクターの声のキャスティングを目的として,声優と声優に関係するデータを構造化(LOD化)する.
5

value

3


外国人が安心して日本の病院やクリニックを探せるような情報を集める事を目的に外国人視点の情報や評価・レビューなどのオープンデータセットを作ること. 例えば,先生がどんな言語を話せるか,治療説明などの外国語対応,病院側の外国人への態度などの情報. 今までは,インターネット上で日本の外国語を対応できるクリニックや医療機関に関しての情報がありますが,ほとんど英語対応だけである,またはユーザーからの評価がありませんので、実際に外国の方がいらっしゃるといい経験になるかどうかはわかりません. 2020の東京オリンピックの影響で,多くの外国の方が来日するのが予測できます.ますます外国の方が来日されると,日本語を話せない方向けの医療機関オープンデータ・リンクオープンデータセットを作れば役立つと思われます. Icon made by Pixel Buddha (http://www.flaticon.com/authors/pixel-buddha) and Freepik (http://www.flaticon.com/authors/freepik) from www.flaticon.com
5

value

4


大災害時に役立つ避難誘導システムのアイデアです。電話回線やwifi等が断絶していても、GPS等で位置情報を把握し、定期的に同期して取り込んでいた避難所、支援所の位置データ等に基づき、誘導してくれます。
5

value

2


農林水産省の品種登録データベースから取り出したかんしょ類のデータ
5

value

3

オープンオリンピック 100万人市民リレー

event date: Nov 14, 2014
Update:Nov 23, 2014

地域の課題を解決するためのアイディアを考えよう! ~アーバンデータチャレンジ2014 × Linked Open Data チャレンジ Japan 2014~ のテーマです。
5

value

5


「市民で行う共助防犯マップ」は,市民の安全を高めるためのアイデアです. 自治体は犯罪状況を公開していますが,それに至る前の犯罪が未確定なものに対応した生活密着型の解決策です.困っていることを投稿し,それを共助の心を持って犯罪を防ぐことで,自分の街がより住みやすくなります.自分の住む街はそこに住むみんなで住みやすくすることを狙った市民主体の防犯モデリング活動です.
5

value

5


スーパーなどで紙で配布されている料理レシピをデジタル化するアイディアです。デジタル化したときに,元のレイアウトを復元できるよう工夫しています。
5

value

4


本データはオープンデータを元に秘境駅のランキングを判定しています。 RESAS-APIの人口構成と観光資源、駅データ.jpの駅情報、国土数値情報の駅別乗降客数などのデータを元に秘境度、雰囲気、列車到達難易度、 外部到達難易度、鉄道遺産指数の項目を20点満点で判定し、総合評価を算出しています。 本データはオープンデータのネガティブな部分を見える化することで、秘境駅という新たな価値の発見と地域の活性化に役立つことを考えています。
5

value

5

Show More