Creativity Sharing and
Entrepreneurial Support

JSON2LD Mapper

License : CC0
 JSON形式データを効率的にJSON-LD形式にするためのウェブアプリケーションです。LODチャレンジ2017のアイデア部門優秀賞を受賞した作品を実装したものです。​JSON-LDおよびContextの作成を支援します。 ユーザは以下の操作でJSON-LDを作製することが可能です。 1. JSON形式データを入力することで構造解析し、マッピングが必要なキー、値の要素抽出 2. 既存語彙の自動マッピング 3. 作成したcontextファイルの編集 4. JSON-LD出力 5. githubアカウントによるユーザ認証によって@contextファイルの保存が可能  以上の編集機能に加えて、動的に表示されるチュートリアルによる作業支援機能があり、使いやすさの向上を目指しています。  自動マッピング機能については、既存語彙の対象としてLOVおよびBioPortalで公開されている再利用可能なowl:Ontology 366を対象としました。大量の語彙を選択することが可能であるが、JSONから抽出された要素からオートマッピングを実現するため継続して開発中です。  JSON形式を出力する様々なアプリケーションがある状況で、本アプリケーションは得られるデータを効率よくJSON-LD形式にできるので、Linked (Open) Dataの生成を加速します。
Update: Oct 3, 2018

Idea detail
【引用】このページは次のページを参考にして作成されました

JSON2LD Mapper

Create:Jan 13, 2018, Update:Jan 14, 2018
1

value



Update: Oct 1, 2018 (Yasunori Yamamoto)
Image detail
JSONデータに対するコンテキストを編集している様子。
Update: Oct 1, 2018 (Yasunori Yamamoto)

Grant Information

Suggested fund information for realizing the idea.

Comments