Creativity Sharing and
Entrepreneurial Support

ネーミングライツ辞典

License : CC0
日本のネーミングライツ例を調査し、データベース整備。6つの分類で整理、分析しました。
Update: Oct 27, 2022

Web page detail
ネーミングライツ辞典 https://linkingopendata.com/naming_lights/
About this URI Search Resources SPARQL Download Original Dataset resource - Turtle resource - N-Triples resource - RDF/XML resource - JSON-LD resource - CSV Loading・・・ AND search OR search loading・・・ SELECT * WHERE { ?s ?p ?o . } LIMIT 100 download CSV download JSON
Update: Oct 16, 2022 (KeitarouNakayama)
Text detail
日本のネーミングライツ例をデータベースにしたものです。つぎの6つの分類で整理しました。 *スポーツ施設(スタジアムや体育館など) *文化施設(文化会館など) *交通施設(鉄道駅や歩道橋など) *大学施設(大学内の講堂など) *その他の施設(森林や公園など) *施設以外(施設を対象としない、スポーツのリーグ名・チーム名など) で分類しました。
Update: Oct 16, 2022 (KeitarouNakayama)
Image detail
施設の種類別に集計したところ、スポーツ施設でのネーミングライツ導入が多いことがわかりました。
Update: Oct 12, 2022 (KeitarouNakayama)
Image detail
Update: Oct 12, 2022 (KeitarouNakayama)
Image detail
企業別では、Skyや日鉄ソリューションズでネーミングライツ行使例が多いことがわかりました。
Update: Oct 16, 2022 (KeitarouNakayama)
Image detail
ネーミングライツの導入年を調べたところ、2005年頃から認知されはじめ、導入が拡大してきたことが見えてきます。
Update: Oct 16, 2022 (KeitarouNakayama)
Image detail
ネーミングライツの契約金額帯を整理しました。100万円から500万円までの契約が多いことがわかりました。 もともとはスタジアムでの1億円以上の契約がはじまりで、その対象は体育館や文化施設が主流でしたが、近年は、地方自治体で歩道橋を100万円未満で多数ネーミングライツにするケースも増えています。
Update: Oct 16, 2022 (KeitarouNakayama)
Image detail
ネーミングライツの契約のうち、契約期間(契約年数)がわかるものだけを集計したところ、その契約年数の中央値は5年、平均値は5.55年(各契約を年数で丸めているため、概要を知るためのおおまかな値)でした。
Update: Oct 16, 2022 (KeitarouNakayama)
Image detail
八地方区分別では、大都市のある関東地方・中部地方・近畿地方でネーミングライツ例が多くありました。
Update: Oct 27, 2022 (KeitarouNakayama)
Image detail
都道府県別では、愛知県・大阪府で多く例があります。この2地域では、自治体が歩道橋のネーミングライツを多く実施していることが要因です。
Update: Oct 27, 2022 (KeitarouNakayama)
Data detail

Naming Rights

Update:Nov 16, 2022
2

value

1 0


Update: Oct 2, 2022 (KeitarouNakayama)

Grant Information

Suggested fund information for realizing the idea.

Comments