Creativity Sharing and
Entrepreneurial Support

横浜ユースフォーラム 作品エントリー手順

License : CC0
【締切:1月22日(木) 23:59】1/25に開催される「横浜ユースフォーラム」に向けた作品エントリー方法を解説するページです。
Update: Jan 22, 2015

Text detail
このページでは1/25に開催される「横浜ユースフォーラム」に向け、中期4か年計画データを用いた「若者が横浜の未来を切り拓く ユースハッカソン」の成果や、関連作品を応募する方法を解説します。
Text detail
【エントリー条件】 ・高校生や専門学校生、大学生等の方が対象です(原則として15歳~25歳) ・ユースフォーラム当日に3分程度(予定)の作品紹介のプレゼンテーションができること ・ユースフォーラム当日に作品を紹介するパネル、ポスターなど(120cm×170cm以内)を会場に掲示できること
Text detail
【作品エントリー締切】 1月22日(木) 23:59
Text detail
【評価の視点】 <1.アイデア>    他にはない独創的なアイデアの作品か。 <2.完成度>     公開、配布できるレベルに近いものに仕上がっているか。 <3.デザイン性>   デザイン的に優れているか。 <4.操作性>     操作が直感的でわかりやすいか。 <5.社会的ニーズ>  市場に受け入れられるか、ソーシャルインパクトはあるか。
Web page detail
【エントリー手順】 1. Knowledge Connectorにアクセス
Knowledge Connector + Idea.LinkData http://idea.linkdata.org/
ハッカソン・アイデアソン成果の共有とビジネス化支援・人材情報の統合サイト Creativity Sharing and Entrepreneurial Support
Image detail
2. ページ上部の「新規作成」ボタンをクリック
Idea detail
※Knowledge Connectorを初めて使う方はここでアカウント登録を行ってください。

ユーザアカウントの登録手順

Create:Nov 7, 2014, Update:Nov 7, 2014
11

value



Image detail
3. 各項目に入力 ※以下の4項目は必ず入力/選択してください ①「タイトル」にアプリ名(サービス名)を入力 ②「関連する市町村」で “横浜市” とタイプし、サジェストから選択して入力 ③「タグ」に “横浜ユースハッカソン” と入力 ④「カテゴリー」で "アプリ" を選択
Image detail
4. 「新規作成」ボタンをクリック
Image detail
5. 以下の項目を登録 ・「アイテムを追加」からテキスト、Webページ等を適宜選択して、下記項目を入力 ----------------------必須入力項目↓---------------------- 【エントリー部門】 ※アプリ部門/データビジュアライズ部門/コンセプト部門 から1つ選択 【チーム名】 【サービス/アプリ名】 【メンバー】 ※ニックネームでも可 【作品概要(200文字以内)】 【アピールポイント】 【使用技術・ツール】 【想定ユーザ】 ※ビジュアライゼーション作品においては必須ではありません ----------------------任意入力項目↓---------------------- 【デモURL】 ※WebアプリのURLや、その他エントリーする作品の関連情報の公開URLがあれば、「Webページ」のタブから入力してください。 【説明画像】 ※アプリのスクリーンショット、ビジュアライゼーションの図、アイデアのスケッチ等の画像ファイルを「画像」のタブからアップロードしてください。 【説明スライド】 ※SlideShareに説明スライドをアップロードし、公開ページのURLを「スライド」のタブから登録するとページにスライドを埋め込むことができます。 【説明動画】 ※YouTubeに説明動画をアップロードし、公開ページのURLを「動画」のタブから登録するとページに動画を埋め込むことができます。
Image detail
6. 一通りアイテムを追加できたら、「編集を終了」ボタンをクリック
Text detail
【エントリーのポイント】 ★1月22日のエントリー締切後から1月25日の成果発表までの間に、予備審査として審査員がKnowledge Connectorに公開された各作品を閲覧するため、初めて見る人にとってもどんな作品か分かりやすいように記述してください。 ★作品の良さが伝わるように、できるだけデモや説明画像、スライド、動画等を掲載してください。
Idea detail
【エントリーの例】 ※過去に開催された他イベントにおける登録例です

リアルタイムなみえ

Create:Jun 27, 2014, Update:Jun 28, 2014
4

value



Web page detail
今回登録されたアプリは地域資源のデータベースサイト「CityData.jp」にも公開されます。 今回登録したアプリのページで「★ いいね!」ボタンを押すと、市町村ランキングで横浜市の順位UPにつながります。(横浜市は現在第3位です!)
地域資源の情報をオープンデータとして共有していくためのデータベースサイト | CityData http://citydata.jp/
地域資源の情報をオープンデータとして共有していくためのデータベースサイト | CityData

Grant Information

Suggested fund information for realizing the idea.

Related Pages

【レポート掲載】横浜市中期4か年計画データを用いて若者によってつくられたアプリ、データビジュアライズ作品の成果発表と表彰式が開催されました。
12

value

12

Comments