Creativity Sharing and
Entrepreneurial Support

伝統的工芸品産業支援補助金

subscription period: Jan 26, 2015 ~ Apr 30, 2015
upper-limits amount: 20,000,000 yen
Update:Jun 30, 2018

「伝統的工芸品産業の振興に関する法律(以下、伝産法)」に基づき、組合、団体及び事業者等が実施する事業の一部を国が補助することにより、伝統的工芸品産業の振興を図ることを目的としています。
7

value

2

ふるさと名物応援事業補助金

subscription period: Jan 30, 2015 ~ Feb 27, 2015
upper-limits amount: 5,000,000 yen
Update:Feb 4, 2015

地域経済の活性化及び地域中小企業の振興のため、地域資源を活用した新商品・新サービスの開発や販路開拓に意欲的に取り組む中小企業を支援するものです。
5

value

2

NPO・公益活動向け助成制度データベース「CANPAN」

subscription period: any time
upper-limits amount: 0 yen
Update:Jan 20, 2015

NPOや社団法人、財団法人、ボランティア団体を対象とした、全国規模の助成制度のデータベースです。 週に1回、新たに発表された助成制度を掲載しています。 また、過去に募集された助成制度を検索して探すことができる、日本唯一の助成制度データベースですので、どの時期にどのような助成金の申請募集があるのかを探すことができます。
4

value

2

宮前区まちづくり協議会:資金支援制度

subscription period: undecided
upper-limits amount: 150,000 yen
Update:Jan 30, 2016

宮前区まちづくり協議会では、市民活動団体へ活動資金の支援をしています。一般の助成金は個別の事業を対象に支援していますが、宮前区まちづくり協議会で実施している資金支援制度は、活動団体そのものに支援しています。区内に活動が生まれ、活動が定着し、自立していくというステップで段階別のメニューを用意しています。
3

value

1

ジャパン・コンテンツ ローカライズ&プロモーション支援助成金(J-LOP)

subscription period: Mar 19, 2013 ~ Feb 28, 2015
upper-limits amount: 0 yen
Update:Feb 4, 2015

クール・ジャパン戦略の一環として、総務省と経済産業省が実施している「ジャパン・コンテンツ ローカライズ&プロモーション支援助成金(J-LOP)」。"日本ブームの創出"を目的に日本のコンテンツの海外発信を総合的に支援するもので、『ローカライズ支援』、『プロモーション支援』があります。
3

value

2

とくらく×Peatix「シビックプライド」支援キャンペーン

subscription period: Nov 17, 2015 ~ Dec 28, 2015
upper-limits amount: 100,000 yen
Update:Jan 30, 2016

「とくらく」と、イベント管理サービス Peatixは、まちづくり活動に資する個人、団体などのイベント主催者を募集し、活動の経費や広報などを支援しています。
3

value

1

室蘭市:まちづくり活動支援補助金

subscription period: Feb 23, 2015 ~ Mar 30, 2015
upper-limits amount: 300,000 yen
Update:Mar 16, 2015

 魅力あるまちづくりのため、市民が地域の活性化や課題解決を目的に取り組む、自主的なまちづくり事業を支援する制度です。 対象となる団体: 室蘭市内に活動拠点があり、責任をもって事業を実施できる団体 補助額: 〔まちづくり推進事業〕 1年目:補助対象経費の10分の10以内 限度額20万円 2年目:補助対象経費の2分の1以内 限度額10万円 〔地域en(えん)づくり事業〕 1年目:補助対象経費の10分の10以内 限度額30万円 2年目:補助対象経費の10分の10以内 限度額10万円
3

value

2

東京都港区:ホームページ作成支援事業補助金

subscription period: Apr 1, 2014 ~ Jan 30, 2015
upper-limits amount: 50,000 yen
Update:Nov 26, 2014

東京都港区内の中小企業が新たにホームページを作成する場合、または既に開設しているホームページを変更する場合、制作費用等の一部を港区が補助します。 補助対象:(データ取材及び撮影に要する経費を除く)コンテンツ制作または変更費用 補助金額:中小企業の場合、対象経費の1/2 上限50,000円
3

value

2


1.事業目的 我が国には、優れたビジネスアイデアや技術など、潜在的な成長力のあるシーズが存在するものの、大きく成長する新事業の創出が進んでいません。この背景には、起業家等を支援する人材とネットワークが不十分なことがあります。 本事業では、新事業創出に係る一流の支援者を成長力のある起業家等の元に派遣し、徹底したハンズオン支援を実施することによって、新事業創出を促進します。さらに、支援者のネットワークを形成し、ハンズオン支援の過程で得られた手法やノウハウを広く世の中に横展開し、支援人材を育成します。 2.事業概要 ① シードステージ支援の優れた支援者のプラットフォームとして「新事業創出支援者会議」、「支援人材ワーキンググループ」を形成します。 ② 支援者会議で決定する方針に基づき、ワーキンググループの支援者はシードステージ支援のモデル事業を実施します。 ③ モデル事業の成果や課題を幅広く普及し、優秀な支援人材の育成を図ります。またモデル事業の過程で出てきた課題をもとに政策提言します。 3.事業の実施体制 シードステージ支援に関する優れた支援者とその関係者の切磋琢磨・情報共有のプラットフォームとして「新事業創出支援者会議」、「支援人材ワーキンググループ」を形成します。 「先端課題対応型ベンチャー事業化支援等事業」に係る支援チーム募集 http://www.meti.go.jp/information/publicoffer/kobo/k1502010001.html (1)総論 本事業における支援人材ワーキンググループの支援者チームについては、「1 機関原則 2~3 名から成るチーム単位」で公募を行います。応募者については、事務局での予備審査の後、新事業創出支援者会議での本審査により採択を決定します。 (2)応募資格 本公募の応募資格は、以下の全ての要件を満たす機関とします。応募にあたっては(別添1)「提出書類フォーマット」に従い、本事業の担当者(2~3名程度)をご提示下さい。  日本国内に活動拠点を有する機関(会社、組合、NPO、個人等)  本事業を遂行するために必要な経験と実績を持つ人材を有する機関  本事業を遂行するために必要な経営基盤を有している機関  本事業に係る経理及び事務についての説明・報告が適切にできるなど、事業上必要となる事務処理のできる機関 (3)選定する支援者チーム数 5~10 チーム程度。 「先端課題対応型ベンチャー事業化支援等事業」に係る支援案件募集 http://www.meti.go.jp/information/publicoffer/kobo/k150210002.html (1)総論 本事業における支援人材ワーキンググループの支援案件については、「原則 として創業前か創業後3年以内」の新規性・独創性を有するビジネスシーズ の保有者に対し公募を行います。応募者については、事務局での予備審査の 後、新事業創出支援者会議での本審査により採択を決定します。なお、応募 に当たっては、支援者の推薦状を添付するか支援者マッチング希望書(別添 1)を添付し、案件審査の過程で支援者とのマッチングを実施します。 (2)応募資格 本公募の応募資格は、以下の全ての要件を満たす機関とします。応募にあたっては(別添1)「提出書類フォーマット」をご提出下さい。 ※1:本公募は、本社所在地等が地方(※)である支援案件のみが対象とります。 ※「地方」とは、平成24年度補正予算及び平成25年度補正予算による「新事業創出のための目利き・支援人材育成等事業」において採択された支援案件が特に多い東京都以外の道府県をいいます。 ※2:平成24年度補正予算及び平成25年度補正予算による「新事業創出のための目利き・支援人材育成等事業」において採択された支援案件は、本公募の対象にはなりません。  日本国内に活動拠点を有する会社、組合、NPO、個人等  応募時点において、申請の核となるビジネスシーズが申請者の発明である、もしくは申請者が中心的に発明に関わった者であること  申請の核となるビジネスシーズの発明者及び発明者が所属する機関等の同意が得られていること  申請の核となるビジネスシーズをもって、社会に新たな価値を生みだすという理念をもっていること  新規性・独創性を有するビジネスシーズを有すること  事業化を目指すために必要な初歩的なビジネスプランを有すること  事業化を目指すために必要な初歩的な経営チームを有すること  本事業に係る経理及び事務についての説明・報告が適切にできるなど、事業上必要となる事務処理ができること (3)選定する支援案件数 5~10 件程度
2

value

2

平成27年度 中部地域づくり協会NPO助成/(一社)中部地域づくり協会

subscription period: Feb 2, 2015 ~ Feb 23, 2015
upper-limits amount: 500,000 yen
Update:Feb 10, 2015

対象とする活動 国土の健全な発展に寄与することを目的として行われる、国土の利用・整備・保全及び防災に関する活動であって、次の各項の全てに該当する活動を助成対象とします。 (1)NPO法第2条関係別表の17活動のうち次の4活動の何れかに該当する活動 1まちづくりの推進を図る活動 地域づくり、地域交流、街の美化・緑化、公園の管理・美化活動 2環境の保全を図る活動 川・海をきれいにする清掃、環境教育、里山保全、親水活動 3災害救援活動 災害救援、災害予防、防災教育活動 4地域安全活動 災害などの未然防止、被害の拡大防止、早期回復活動 (2)平成27年度内(平成27年4月1日~平成28年2月29日)に行われる活動 (3)岐阜県、静岡県、愛知県、三重県及び長野県の上伊那、飯伊、木曽地域で行われる活動 (4)事業計画、実施方法が適切であって、成果が期待できる活動 (5)営利を目的としない活動 (6)施設の建設、整備・改修、資機材の購入が目的でない活動 助成金額 NPO への助成は申請書に基づき決定します。 (1)助成金額は1件につき50万円を上限額とします。 (2)助成金額は「助成対象活動」に要する費用の総額の70%以下とします。 「助成対象活動」の終了後に事業の決算額により「総額の70%以下」であることを確認し たうえで助成金額の確定をします。 (3)助成対象とした事業であっても、費用を調整して助成金額とすることがあります。 (4)30%の主催者負担額には、行政(国・県・市町村)からの拠出金は50%を加えることが できます。 応募制限 法人格の有無、地域限定 特定非営利活動促進法(以下「NPO法」という)に基づく下記の各号の全てに該当する団体 を助成対象とします。 (1)NPO法第13条に基づき設立登記された団体 (2)NPO法第29条に基づく事業報告書等を所轄庁に提出する等の法人義務を果たしている 団体 (3)岐阜県、静岡県、愛知県、三重県及び長野県の上伊那・飯伊・木曽地域にNPO法第11 条第1項第4号に基づく事務所等が所在する団体 (4)本要領6の「NPO団体の協力事項」に協力できる団体 その他応募制限等 (1)NPO1団体につき1件の応募に限ります。 (2)当該「NPO助成」に応募をした団体は、平成26年度に当協会が別途募集する「地域づく り活動助成」への応募はできません。 (3)当該「NPO助成」への応募は、過去に当会の助成対象団体になった回数を含め3 回を限 度とします。
2

value

0

東京都:分煙環境整備補助金

subscription period: Jul 27, 2015 ~ Mar 31, 2016
upper-limits amount: 3,000,000 yen
Update:Oct 5, 2015

東京都は、多言語対応(例:ホームページ、メニュー等の外国語による表記)に取り組んでいる、または取り組もうとしており、外国人旅行者受入れに積極的な東京都の宿泊施設・飲食施設向けに、補助金の募集をしています。
2

value

2

東京都港区:新規開業賃料補助制度

subscription period: Dec 1, 2014 ~ Dec 26, 2014
upper-limits amount: 600,000 yen
Update:Nov 26, 2014

東京都港区では、創業当初の経営が不安定な時期に賃料の一部を助成し、港区内における新規開業を支援しています。 補助対象:事業者が新規開業のために賃貸借契約を締結した民間の事務所等。東京都港区内の事務所等であり、住居と兼用しないこと、など要件はURLにて。 補助内容:月額賃料の1/3を補助、限度額は5万円。交付決定月(平成27年1月)から起算して12か月を限度に対象となります(12か月で限度額60万円)。
2

value

2

長野市ものづくり産業中小企業者等人材育成事業補助金(受講費補助)

subscription period: any time
upper-limits amount: 300,000 yen
Update:Jan 3, 2015

情報通信関連産業及びものづくり産業の中小企業が、従業員等を外部機関が実施する研修会・講座に派遣する場合、その受講費用の負担を軽減することで、人材育成の取り組みを促進させ、経営者及び従業者の技術・技能力、経営・管理力、営業力等の向上を図り、長野市のものづくり産業及び情報通信関連産業の活性化及び発展を促す。
2

value

2

平成27年度 第1回地域づくり活動助成事業/(一社)中部地域づくり協会

subscription period: Feb 2, 2015 ~ Feb 23, 2015
upper-limits amount: 300,000 yen
Update:Feb 10, 2015

一般社団法人中部地域づくり協会では、国土の健全な発展に寄与することを目的として、国土の利用・整備・保全(以下「国土の利用等」という)及び防災に関する不特定多数の者を対象とする活動に対し、助成事業を行っています。ここに次のとおり平成 27 年度第1回目の募集を行います。 ≪平成 27 年度 第1回「助成」対象活動の募集要領≫ 1.「助成」対象事業 国土の利用等及び防災に関する事業のうち、不特定多数の者を対象とした活動に「助成」します。 対象事業は次の3区分です。( )内は例示活動です。 (1)環境整備、環境再生に関する事業 (河川・道路の美化・清掃活動、水源地域の保全、水質改善、水循環の保全活動、地球温暖化の取組、その他啓発活動等) (2)防災及び災害救援に関する事業 (防災減災フェア・講演会、防災技術講習、避難・救護等の体験会、その他啓発活動等) (3)地域づくりに関する事業 (国土の利用等に関する講習・シンポジウム・イベント開催・地域活性化、その他啓発活動等) ① 「助成」対象となる必須事項 イ.平成 27 年 4 月から平成 28 年 2 月末までに実施(終了)する活動であること ロ.営利目的の活動でないこと ハ.広く不特定多数を対象とした活動を直接の目的とすること ニ.事業計画、実施方法が適切であって、成果が期待できる活動であること ホ.施設の建設・改修、資機材の購入が目的でない活動であること ② 「助成」の趣旨 上記の期間に行われる個別の活動に「助成」するものであって、主催団体等を助成するものではありません。 ③ 「助成」の制限 「助成」活動は、年間2件までの活動を応募することができます。ただし、助成金額の上限による制約があります。 ④ 「その他」 産業振興、観光振興を主目的とするイベント等は対象となりません ※第2回の募集は、平成27 年8月頃の予定です。  第2回募集では10 月から平成28 年2月末までの活動を募集対象とします。 応募制限 地域限定 岐阜県、静岡県、愛知県、三重県及び長野県の上伊那・飯伊・木曽地域において「助成」対象事業を主催するNPO法人、任意団体とします。 ① 「助成」対象者は、年間 2 件の活動を応募することができます。 ② 当協会が募集する「NPO助成」に応募した団体は「この活動助成」に応募することはできません。 ③「助成」対象者は、3年までの連続応募が可能です。(H25 以降適用)
2

value

0

情報バリアフリー事業助成金

subscription period: Feb 2, 2015 ~ Apr 10, 2015
upper-limits amount: 0 yen
Update:Feb 26, 2015

身体上の障害のため通信・放送役務を利用するのに支障のある人がこれを円滑に利用できるよう、通信・放送役務の提供又は開発を行う民間企業等に対して、必要な資金の一部を助成するものです。
2

value

2

地域発コンテンツ等海外展開支援事業

subscription period: undecided
upper-limits amount: 0 yen
Update:Feb 20, 2016

■地域発コンテンツ等海外展開支援事業 地域発コンテンツ等の海外展開を行う際のローカライズ及びプロモーションを行う事業に対し、その費用負担を軽減するため、当該事業を主体となって実施する企業・団体に必要経費の一部を助成します。
2

value

2

地域雇用開発奨励金【厚生労働省】

subscription period: any time
upper-limits amount: 24,000,000 yen
Update:Jan 3, 2015

地域における雇用の創出及び雇用の安定を図ることを目的にしています。
1

value

1

車椅子に関係するアイデアソン等への副賞を提供します

subscription period: any time
upper-limits amount: 0 yen
Update:Apr 23, 2017

車いすユーザのためのツール開発等を目的とするアイデアソン等の開催に対し、車いすで使用できる扇風機(車いすユーザの熱中症対策用)を提供いたします。表彰における副賞としてお使いいただけると思います。提供は今年度の無償配布枠がなくなり次第終了させていただきます。
1

value

1

創業・第二創業促進補助金(平成26年度補正)

subscription period: Mar 2, 2015 ~ Mar 31, 2015
upper-limits amount: 2,000,000 yen
Update:Mar 2, 2015

「創業促進事業」は、新たに創業(第二創業を含む)を行う者に対して、その創業等に要する経費の一部を助成しています。 事業計画を作り、認定支援機関の確認と、金融機関の確認が必要です。 (金融機関が認定支援機関になっていることがあります。その場合は金融機関が包含して確認いただけます。) 公募の時期は未定です。
1

value

1

商業・サービス競争力強化連携支援事業

subscription period: undecided
upper-limits amount: 3,000,000 yen
Update:Feb 26, 2015

中小企業や、小規模事業者が、産学官連携して行う新しいサービスモデルの開発などで、地域産業の競争力強化につながると認められる事業について支援する事業です。
1

value

1

ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金

subscription period: Feb 5, 2016 ~ Apr 13, 2016
upper-limits amount: 30,000,000 yen
Update:Feb 20, 2016

中小企業庁は、国内外のニーズに対応したサービスやものづくりの新事業を創出するため、認定支援機関と連携して、革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行う中小企業・小規模事業者の設備投資等を支援しています。
1

value

1

小規模事業者持続化補助金

subscription period: Feb 27, 2015 ~ May 27, 2015
upper-limits amount: 500,000 yen
Update:Feb 20, 2016

小規模事業者が商工会・商工会議所と一体となって取り組む販路開拓の費用(チラシ作成費用や商談会参加のための運賃など)の2/3を補助します。
1

value

1

創業・第二創業促進補助金(平成27年度)

subscription period: Apr 13, 2017 ~ Jul 8, 2017
upper-limits amount: 2,000,000 yen
Update:Jun 25, 2017

「創業促進事業」は、新たに創業(第二創業を含む)を行う者に対して、その創業等に要する経費の一部を助成しています。 事業計画を作り、認定支援機関の確認と、金融機関の確認が必要です。 (金融機関が認定支援機関になっていることがあります。その場合は金融機関が包含して確認いただけます。)
1

value

1

TOKYO起業塾

subscription period: any time
upper-limits amount: 0 yen
Update:Jan 3, 2015

創業および企業活動をソフト面から体系的かつ総合的に支援することで、中小企業の効率的な起業促進を図ることを目的としています。
1

value

1

受動喫煙防止対策助成金

subscription period: Apr 13, 2015 ~ Mar 31, 2016
upper-limits amount: 2,000,000 yen
Update:Oct 8, 2015

厚生労働省は、中小企業事業主による受動喫煙防止のための施設設備の整備に対し助成しています。
1

value

1

創業・第二創業促進補助金(平成28年度)

subscription period: Apr 1, 2017 ~ Apr 28, 2017
upper-limits amount: 2,000,000 yen
Update:Jun 25, 2017

1

value

1

東京都:地域資源発掘型実証プログラム事業企画案の募集

subscription period: Apr 3, 2015 ~ Apr 30, 2015
upper-limits amount: 0 yen
Update:Jun 2, 2015

東京都では、未だ活用されていない地域資源を発掘・活用し、旅行者誘致につなげていく「地域資源発掘型実証プログラム事業」を実施します。
1

value

1

革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金

subscription period: Nov 14, 2016 ~ Jan 17, 2017
upper-limits amount: 30,000,000 yen
Update:Dec 19, 2016

中小企業庁は、国際的な経済社会情勢の変化に対応し、足腰の強い経済を構築するため、経営力向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行う中小企業・小規模事業者の設備投資等の一部を支援しています。
1

value

1

ものづくり・商業・サービス革新補助金

subscription period: Feb 13, 2015 ~ May 8, 2015
upper-limits amount: 10,000,000 yen
Update:Feb 16, 2015

新しい商品・サービスの開発や業務プロセスの改善、新しい販売方法の導入など、中小企業・小規模事業者が取り組む事業革新の費用の2/3を補助します。 『ものづくり技術』と『革新的サービス』のいずれかで申請を行います。
1

value

1

佐賀市)Saga-Biz

subscription period: any time
upper-limits amount: 0 yen
Update:Jan 5, 2015

相談業務を通して、佐賀市内で経済活動を行っている方の事業を幅広くサポートすることで、佐賀市の地域経済の活性化を図る。
0

value

0