Creativity Sharing and
Entrepreneurial Support

Poorman’s Linked Data Toolkit / お手軽にLinked Dataを作ろう!

License : CC0
RDFデータをお手軽に作成することを目指す方法論を文書化しています。 MS Excel、MS Word、テキストエディタのみでRDF/Turtle形式のLinked Dataを作成できます。 また、方法論の説明文書は英語版も作成し公開しています。
Update: Sep 29, 2018

Text detail
【エントリー作品の詳細説明】 データベースから出力されたレコード群が行単位で整理されているデータセットでは、Excelで管理されている場合が多くあると思います。 そのような場合、データ列を一つ追加して、RDF/Turtle形式の整形を行うだけで簡単にRDFデータをウェブ公開できるようになります。 具体的な手順は、以下のとおりです: 1. 1行が1レコード(≒1リソース)のデータをExcelで作る 2. Excelの1行を1レコードとみなし、いくつかのセルの値を &(文字列結合演算子)でつなげていく 3. 出力には、列をコピーし、MS Wordへペーストします (Excel to word) 4. MS Word を全コピーし、テキストエディタにペーストします (Word to Text) 5. テキストエディタの内容を、文字コードUTF-8で、Turtleファイルとして保存します(例: “filename.ttl”) (Turtle)
Update: Sep 27, 2018 (Masao Takaku)
Web page detail
「教科書LOD」(LODチャレンジ2016テーマ賞「教育LOD賞」受賞)において公開されているLODデータセットの一部は、このツールキット手法を用いて変換・作成されました。
Update: Sep 29, 2018 (Masao Takaku)
Image detail
Excel上でRDF/Turle形式のデータを追加する例
Update: Sep 27, 2018 (Masao Takaku)
Text detail
【関連スライド】 https://www.slideshare.net/yegusa/20170903-c4ljplod Code4Lib JAPANカンファレンス2017の発表資料。「お手軽、お安く、持続可能な書誌情報公開(LOD化)の秘訣 – 教科書LODの経験から –」
Update: Sep 29, 2018 (Masao Takaku)

Grant Information

Suggested fund information for realizing the idea.

Comments