Creativity Sharing and
Entrepreneurial Support

防災教育ガイドアプリ -ココだけタイムライン-

License :
大規模水害に関するタイムラインの情報や避難時の心得などを学習情報として利用者に紹介し、現在位置もしくは指定住所(自宅等)を起点として災害危険度や避難情報をガイドする避難訓練用アプリです。 国土交通省国土地理院が主催する「平成28年度防災アプリケーション審査委員会」において「防災アプリ賞」を受賞しました。
Update: Mar 30, 2017

Movie detail
防災教育ガイドアプリ -ココだけタイムライン-
Text detail
【エントリー部門】 アプリケーション部門 【応募者属性】 社会人 【応募者名】 玉野総合コンサルタント株式会社 【エントリー作品の権利指定】 All rights reserved 【エントリー作品のURL】 https://bousai.groupmap.jp/suigai/ https://appsto.re/jp/7zuHgb.i 【利用しているオープンデータ】 1.国土地理院 ・「地点別浸水シミュレーション検索システム」API ・地理院タイル http://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html 2.国土交通省川の防災情報ホームページ http://www.river.go.jp/s/xmn0105010/ 3.気象庁ホームページ ・http://www.jma.go.jp/jp/warn/ ・http://www.jma.go.jp/jp/choi/ ・http://www.jma.go.jp/jp/dosha/ 4.国土数値情報 ダウンロードサービス ・http://nlftp.mlit.go.jp/ksj/index.html ・浸水想定区域(平成24年度) ・土砂災害警戒区域(平成24年度) ・避難施設(平成24年度、災害分類:水害、その他、指定なし) 5.Google Maps API ・https://developers.google.com/maps/?hl=ja ・Google MapsJavaScript API ・Google Maps Directions API 【利用しているパートナーリソース】 特になし 【エントリー作品の詳細説明】 【目的】 地点別浸水シミュレーション検索システムAPIをはじめ、オープンデータとして公開されている防災情報のサービス・データを大規模水害タイムラインに合わせて表示します。 【機能】  位置情報の基づいて地域を絞った防災情報を提供する仕組みを構築しており、日本全国で利用可能です。 起点となる位置情報は、GPS機能によって取得する現在位置だけでなく事前に2箇所登録することができます。 また、ハザードマップについては、浸水想定区域図、最大浸水シミュレーション(アニメーション)、避難支援マップに分けて段階的に理解ができるものとしており、避難施設についても周辺のもののみ検索する仕組みを構築しています。
Idea detail

Media & Design Group

Create:Jun 17, 2014, Update:Mar 29, 2017
60

value



Update: Mar 30, 2017 (遠藤守)

Grant Information

Suggested fund information for realizing the idea.

Comments