Creativity Sharing and
Entrepreneurial Support


※2月8日アップデート 今まで大阪市の避難誘導に限定しておりましたが、「避難所」というキーワードで日本全国どこにいても現在地から最寄りの避難所の案内が可能となりました。 【応募者属性】 社会人 【応募者名】 LifeLineプロジェクトチーム   嶋田敬一郎、佐藤雅史、矢作裕一、金城陽平、中嶋文彦 大阪市役所   中道忠和 【エントリー作品】 LINE上で@dlk5754zをフォロー 【エントリー作品の権利指定】 作品に使用したLINEは、LINE株式会社に帰属するものとし、その利用はLINE利用規約に則るものとします。 【利用しているオープンデータ】 全国避難所データベース 大阪市役所のホームページの掲載された情報(ごみ、市民税、救急病院、消防防災、地下鉄・市バス、上水道、下水道、高齢者支援、降雨情報、妊娠及び出産、子育て、入園及び入学、成人、就職及び退職、結婚及び離婚、引越、お別れ、届出、証明書) 【利用しているパートナーリソース】 株式会社ゼンリンデータコム http://www.zenrin-datacom.net/business/lifeline/index.html 【エントリー作品の詳細説明】 説明詳細: 今までは、地域のごみ収集情報、避難所情報など、必要な行政情報を探し出すことが大変でした。 また、これまでのPCとブラウザを前提とした情報発信のみでは十分ではなく、今後、スマートフォンの普及に対応していくことが一層求められます。 これらを解決するために、SNSを利用した行政情報自動案内サービスの仕組みを作りました。 例えば、メッセージアプリ(LINE)の自治体アカウントをフォローするだけで、フォローした自治体のウェブに公開されている情報を関連するキーワードで検索したり、現在地を利用した避難所の案内などの仕組みが利用出来ます。 既に多くの方が利用しているメッセージプラットフォームを利用する事により、自治体は新たにアプリを開発する手間とコストが抑えられ、利用者は新たにアプリをダウンロードする手間が省けます。 自治体は継続性を担保したローコストな行政サービスの提供が可能になります。 *特許出願中 利用方法: LINEで大阪市-SRデモアカウント(@dlk5754z)をフォロー。 文章ではなく、探している行政情報のキーワード(例えば、「結婚」「届出」「天気」「ごみ」など)を入力して該当情報のURLを取得。
11

value

11


「自分で作る可視化アプリ」を利用し、「オープンデータで作る全国避難場所マップ」に集約されている地図をマッピングしました。
7

value

5


全国都道府県別の公式HP、防災・災害ポータル、各SNSのURLリスト。テーブルベースのデータが存在しないため、新たに作成しました。MAPなどへの防災・災害関連の情報取り込みなどにご活用ください。
7

value

7


電通と国内最大のデジタル地図提供事業社であるゼンリンデータコムが協業し、 位置の正確性を確保した全国約12万件の避難所情報を提供。 ■ポイント1:信頼できる避難所データベース ・正確性:住所による緯度・経度情報の取得に加え、地図情報作成で培われた細かな補正を独自に行っているため、現在入手できる他の避難所情報よりも正確です。 ・更新性:年に複数回、独自調査による情報更新を行うため、常に鮮度の高い情報提供を可能にしています。 ・網羅性:名称や自治体、定員、利用条件、国土地理院基盤情報の標高(承認番号 平26情複、第628号)や座標など、災害時に避難所情報として求められる12項目の情報を網羅しています。 ■ポイント2:充実した避難所データベース 名称、ふりがな、自治体コード、住所(都道府県名、市区町村名、地番)、電話番号、利用条件(洪水・風水、地震、津波など)、避難所種別(広域避難所、津波避難ビルなど)、定員、困難者区分(地域住民向け・帰宅困難者向けなど)、座標(緯度・経度)、国土地理院基盤情報の標高(承認番号 平26情複、第628号)、その他(特記事項など)を含む12項目。
3

value

3

しずじゃん

Update:Jun 19, 2016

”静岡じゃんけん”略して”しずじゃん”(ぐっパッピー) 静岡市の生活者のみならず、訪れる方や、老若男女どなたでも参加できるアプリケーションです。 スポットは、みんなに知っていてほしい、”しずまえおさかな処”、”知っておきたい 救護所”、”近所の病院”、”shizuoka wifi paradise"など魅力をアピールしたい場所、などを対象としております。 スポットでじゃんけんをして、勝利数により、”勝利数証明書”(どこで何勝したか)が表示されます。 その”勝利数証明書”を使って、クーポンの代わりや割引の代わり、静岡市へ協賛している商品をもらえるなど考えられます。 ・救護施設一覧  知っているようで知っていない場所、緊急時にも利用できます。 ・しずまえおさかな処 へ ”訪れる機会”をつくります。  ”勝利数証明書(仮称)"でクーポンや割引券など替わりになります。 ・病院、wifi spot なども、どこにあるのか確認ができます。 このアプリを”普段から持ち歩く”ことにより、”緊急時にも利用できる”ものとなります。 ユーザ登録機能も付加すれば、協賛商品じゃんけんへ参加した人へプッシュ通知も考えられます。 このアプリで、みんなスポットへ ”訪れる機会” をつくりましょう。 観光や有名スポットで   みんなでじゃんけんして     楽しみを共有して       企業の宣伝も行う 生活者、対象スポット、協賛企業、のみんなが得する、しずじゃん!! 静岡市を盛り上げましょう。
2

value

2


2016年(平成28年)4月14日 21時26分に熊本県を中心に発生した地震に伴い 危機管理システムを構築中です 避難所等のデータ共有 避難所からの支援物資要請など災害時に迅速な情報収拾などを構築中です ご協力よろしくお願い致します
2

value

2