Creativity Sharing and
Entrepreneurial Support


2014年6月8日(日)に東京都中央区銀座にて開催されたアイデアソンの情報をまとめました。
10

value

2


2014年6月14日(土)に東京都品川区にて開催されたアイデアソンの情報をまとめました。
8

value

0


タブレットをおすとGoogle Earthみたいに家の衛星写真がでる。衛星写真は今日JAXAが打ち上げるものを使う。避難している人は今、自分の家がどうなっているか心配。(本アイデアはCode for Japanが運営するアイデアソンにおける成果を代行して登録したものです)
1

value

0


ハガキをあの人に送りましょう!書くのは、タブレットに直接です。かきおわったら送信ボタン!あとは〒さんが届けてくれます!(本アイデアはCode for Japanが運営するアイデアソンにおける成果を代行して登録したものです)
1

value

1


一人暮らしの元気を。前向きなタブの取り組みを。画期的な交流。(本アイデアはCode for Japanが運営するアイデアソンにおける成果を代行して登録したものです)
1

value

1


タブレットを両手で挟んで合掌のポーズを相手に伝えます。 タブレットの向きや手の形から、送信元が合掌のポーズをとったことを認識し、ポーズの時間、メッセージ、心拍、手の圧力等を記録、そこから感謝の大きさを定量化し、手形のオーラとして表現して相手に伝える(メッセージ付きで)。孫の手形も見れる。FBの「いいね!」よりも日本的な感じ。 CC-BY 豊田哲郎 平成26年6月1日 (浪江町のタブレット企画に向けて考えてみたアイデア)
1

value

1


タブレットのカバーを愛着のもてる物で作れるようにする。タンスの肥やしにならないように。(本アイデアはCode for Japanが運営するアイデアソンにおける成果を代行して登録したものです)
1

value

1


配布時に集まってもらって使い方を教える。他の避難者とのつながりを作る。現地民からサポートスタッフをつのる。直接会ってサポートしてくれる人がいる安心感。行政の手をはなれても回る仕組み。(本アイデアはCode for Japanが運営するアイデアソンにおける成果を代行して登録したものです)
1

value

1


浪江の人とお互いすれ違う。お互いのデータ・情報がタブレットに残る。次からの顔つなぎができる、やり易い。(本アイデアはCode for Japanが運営するアイデアソンにおける成果を代行して登録したものです)
0

value

0