Creativity Sharing and
Entrepreneurial Support


「オープンデータで作る全国避難所マップ」についての議論の場です。 避難場所のような緊急的状況に対する設備は行政が持っているだけでなく、二次利用がされるような情報の有効性が必要です。データシティ鯖江の仕掛け人である福野様のオープンデータに関する表においても、避難場所データの公開は全体を見ると相対的に多いですが、絶対量が少ないのが事実であり、公開をしていない県も多く見られます。 また、公開しているデータに関しての統一も必要で、避難場所のデータの標準化が必要です。 今後は、その標準化から二次利用できるプラットフォームの構築、二次利用によるアプリ開発をしていくと予想されます。
7

value

7


須高情報通信フェア2015(長野県須坂市)で開催したワークショップ参加者のstlデータです。3Dプリンタで出力するとスタンプになります。モノづくりをオープンデータに絡めることで,オープンデータに馴染みのない市民,特に子供はオープンデータを理解する助けになります。
3

value

2


BYは主催の須坂市臥竜公園管理事務所になります
1

value

1