Creativity Sharing and
Entrepreneurial Support

Number of Resources

1601

Resources

Public: 1522
Limited: 38
Private: 41

(as of Aug 26, 2016)

News Feed

Facebook

Weekly Pickups

Knowledge Connector + Idea.LinkData.orgでは、平成26年度電子経済産業省構築事業(オープンデータを活用したビジネス化の...

内閣官房IT総合戦略室では文部科学省が政府全体の取りまとめをして公開している「子ども霞が関見学デー及び首都圏の趣旨に類するイベント、関連イベント」のデータを利用しやすい形に変換し公開しています。 データは、共通語彙基盤のイベント情報に準拠した形に変換し、オープンデータとして提供しています。 皆さんぜひデータをご活用ください。 (データ編集には万全を期しておりますが、最終的には府省のサイトでご確認ください。) なお、ここで公開するデータは、「子ども霞が関見学デー」(文部科学省) (http://www.mext.go.jp/a_menu/ikusei/kengaku/)の情報を加工して作成しています。
2

value

2

第2回 R-env:連舞ハッカソン

event date: Jun 18, 2016
Update:Jul 10, 2016

NTTサービスエボリューション研究所・クラウドネットワークロボット研究会 (CNR)は「ロボット“ならでは”のサービスをつくろう!」というテーマで「R-env:連舞®ハッカソン」を開催します.
3

value

2


この度、同地方公共団体をメンバーとした第5回自治体オープンデータ推進協議会(関西会議)」を開催致します。当日は、オブザーバ、一般の傍聴席を設けます(定員50名)。オープンデータ推進にご関心のある皆様には、広くご案内いただき、ご参加いただければ幸いです。 日時:2016年7月6日(水) 10:00~15:00 (12:00~13:00は休憩) 場所:大阪イノベーションハブ 予定アジェンダ:  (午前の部)自治体オープンデータ推進施策の最新動向(仮)    ・政府標準利用規約と共通語彙推進施策におけるオープンデータの取り組み(仮)     内閣官房政府CIO補佐官兼経済産業省CIO補佐官 平本健二氏    ・総務省オープンデータ実証「官民連携データ活用による都市の魅力向上プロジェクト」について(仮)     ㈱リクルートコミュニケーションズ 榎本淳子氏  (午後の部)オープンデータからオープンガバナンスへ(仮)    ・「チャレンジ!オープンガバナンス2016」について     東京大学公共政策大学院 客員教授 奥村裕一氏    ・パネルディスカッション   <パネラー>(予定)      田畑龍生氏(大阪市CIO)      長谷川孝氏(横浜市政策局担当理事)      古崎晃司氏(大阪大学准教授)      高橋徹氏(ATR Creative共同CEO)   <モデレータ>奥村裕一氏
1

value

1


リカちゃんファミリーやシルバニアファミリーが、防災や収納に悩んでいる課題を解決するため、つっぱり棒の小型バージョン「つっぱり棒nano」を開発します.
2

value

1

平成28年度福井県アプリコンテスト

event date: Oct 31, 2016
Update:Jun 10, 2016

福井県は「福井県オープンデータライブラリ」(http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/toukei-jouhou/opendata/)で提供する情報を活用したアプリケーションを募集しています。
1

value

1


Idea

昨年度は、一関高専が地理空間情報を活用し地域情報の集約と共有を図るICTコミュニケーションアプリ「マプコXD」の開発と活用を中心にイベント開催を行いました。 今年度は、「マプコXD」の更なる利活用展開に必要な「地域情報の蓄積」に着目し、まち歩きなど「地域を知る・ためる」活動を、産学官連携を図りながら取組むことを計画しています。 今回のキックオフでは、先進事例や課題とその解決手法などの話題をもとにマプコパーティー(マプコを使用したマッピングパーティー)そしてディスカッションを通じ議論を深めます。 1.イベント名: アーバンデータチャレンジ2016一関キックオフ 2. 日  時 : 平成28年7月12日(火)14:00~16:30 3.場  所 : みちのくあじさい園(岩手県一関市舞川字原沢111)           http://www006.upp.so-net.ne.jp/miti-aji/index.html 4. 内  容 :   14:00 開会   14:00 ご挨拶(一関市、岩手県南技術研究センター)   14:05 UDCについて(UDC2016実行委員 東北メンター:和田)   14:15 基調講演①先進自治体事例(会津若松市:藤井氏)        行政情報化・ガバメント2.0への取組み、観光など行政情報への活用事例   14:50 基調講演②先進拠点事例(会津若松拠点:西本氏)        地域情報を活用する・集めるアプリを使った地域活動、官民連携事例   15:25 提言:地域活動に使う電子地図について(コーディネーター:須藤)        「藤沢のgoogle mapには建物が無い!」   15:30 ・マプコXDとは(一関高専:小保方)      「(仮題)開発からUDC受賞までの道のり。プレゼン再現、使い方と利活用可能性など」      ・マプコパーティー地域歩き(全員)   16:20 本日のまとめ、次回以降、全体的な質疑、講師からの意見   16:30 終了
3

value

3


Wikipediaが行っているプロジェクトです. NASAの公式チャレンジではありません.
1

value

1


さて、皆さんに質問です。 ・外出時に家の鍵は閉めたけど、窓はどうだったかな? ・電気は消したかな? ・ペットのハムスターの様子はどうかな? 等、外出時に気になることはありませんか? 私の場合、一度不安になると気になって気になって、何も手につかなくなるほどです。 そんな時、家の様子を気軽に確認できたら安心できますよね! そこで、私たちはラズベリーパイを用いて、外からでも家の様子が確認できるIoT機器を製作しました。 このIoT機器は、動画で家の中の様子を見ることができます。 ブラウザ上のボタンを押すことによって、上下左右自由にカメラの角度を変えることができます。 さらに、窓の開閉状態も一目で分かるようになっているんです! ネットワークが繋がる環境なら、地球の裏側にいても家の様子が分かっちゃうんです! これなら、ハムスターの様子も確認でき、仕事も捗り、一石二鳥!! 私たちは、ラズベリーパイとマイコンを組み合わせて、より多くの機能の充実を目指しています!
2

value

2


Data

AED検索用オープンデータ 各市町村に限定した一覧も本ページ後半のURLのように指定すれば取得可能です。
2

value

1


一定の(教育および安全性に関わる)自主規制基準を満たした補完代替医療・統合医療の施設のデータベース作成を検討しています。補完代替医療の種類としては鍼灸、あんまマッサージ指圧、柔道整復、カイロプラクティック、整体、リフレクソロジー、アロマセラピー、ヨーガ、漢方、温泉療法、気功などがあります。厚生労働省は統合医療の推進を現在検討していますが、どの施設を利用したらよいのかは明確ではありません。海外(アメリカ、オーストラリア、カナダ、イギリスなどの補完代替医療先進国)の研究報告や補完代替療法の利用状況を分析することで現状の法令ではカバーしきれない部分が自主規制の整備によって利用者の安全性が確保できます。利用者目線で自主規制基準をクリアする補完代替医療や統合医療の施設をデータベース化しようと考えています。
0

value

0


離島オープンデータ
1

value

1


新潟県のオープンデータの見出しとURLを一覧にしたデータセットです。
1

value

1


Issue

 北海道が公表するオープンデータのうち、「北海道お魚図鑑」はウェブサイトの形式で公開されています。汎用的となるようデータベース化していく必要があると考えられます。
4

value

4


 北海道が公表するオープンデータのうち、「道産水産物の普及啓発素材(レシピ集No.1)」および「道産水産物の普及啓発素材(レシピ集No.2)」は画像データとなっており、よいコンテンツであるなのに汎用的ではないです。地道にデータにして機械可読化したオープンデータとしていく必要があります。
4

value

4


空き家オーナー(空間オーナー)が中心につながっていくコミュニティサービスです。
4

value

4


須坂市の福祉施設や観光名所など、たくさんのデータが既にKMLで保存されています。例えば http://www.suzaka.ne.jp/biz/xml/kml_kanko.kml これらをLinkDataに入れるにはテーブルにしないといけないのかなぁ。 そもそもそういうものはLinkDataに入れる必要がないのか。
5

value

5


App

「自分で作る可視化アプリ」を利用し、「オープンデータで作る全国避難場所マップ」に集約されている地図をマッピングしました。
7

value

5


■ 概要 キーボックス付きのキーホルダーとスマートフォンアプリへの通知を連動させるアイデアです。 キーボックスから鍵を取ったら「◯◯がお家に帰ってきました」、鍵を戻したら「◯◯がお家を出ました」というメッセージを家族に通知します。 ■ 機能 鍵を戻すと「お家に帰ってきました」をアプリへ通知する。 鍵を取ると「お家を出ました」をアプリへ通知する。 ■ 使用するもの <ハードウェア> ・キーボックス付きキーホルダー(QUALY社 Sparrow Keyring Wなど) ・Raspberry Pi ・センサー(感圧センサー SFE-SEN-09673 など) ・スマートフォン(iPhone, Androidなど) <サービス> ・Push通知を送信できるサービス(AWS SNSなど) ■ 実装例 感圧センサーを、キーボックスに取り付ける。キーホルダーが感圧センサーの上に乗るようにする。 Raspberry Piでpythonプログラムを実行し、感圧センサーの電圧を定期的に監視する。電圧の値変化から、キーホルダーの有る無しの状態の切り替わりを検知し、AWSへPush通知のリクエストを送る。 AWSには予めアプリを登録しておき、APIを叩くとPush通知が送られるようにしておく。
1

value

1


つっぱり棒をゲームのコントローラーにしようというテーマで作りました。 スマホでちまちまやるのでなく、 おうちをハックして僕らのゲームセンターにしてしまおう! 今回はゲームの基本であるPONGを作りました。 ・つっぱり棒を軸として、遊びのあるパイプ状のウレタンを包みます。 ※こちらのウレタンは、PONGのパドルの役割を果たします。 ・つっぱり棒上部に滑車を設置し、紐でパドルを上下できるようにします。 ・パドルの位置は回転センサーを用いて、認識して、サーバへ位置を送信します。 ・サーバとはESP8266 - MQTT - Websocketという流れでソケット通信を行い、  遠隔のユーザーとの対戦も可能です。 ・モーターをヒモとつなぐことで、画面上のゲームをインスタンス化し、  世界中の壁がゲームセンターになるという世界観をつっぱり棒を用いて表現しました。
3

value

2


だれでも、家の中のガジェットに魂を吹き込むことができます。
2

value

2


さいたま市は65歳以上の市民の方を対象とした、協賛店による優待制度(シルバー元気応援ショップ事業)を実施しています。「シルバー元気応援ショップ協賛店」で「シルバーカード」を提示すると、料金の割引などのサービスが受けることができます。しかしながら、旬な商品をPRしたり、インターネットを用いたシステムは導入できていません。2016年1月16日から1月17日に開催された「さいたまオープンデータハッカソン」において、協賛店のサービス内容をPRし、シニアの健康増進を目的としたアプリケーションを開発しました。
2

value

2


Organization

CODE for IKOMA

Update:Jan 16, 2016

CODE for IKOMAは、奈良県生駒市をデータとITを活用してより良くしていくためのグループです。 生駒市の特徴を活かし、地域活性化にも貢献していきたいです。現在、メンバー募集中です。 CODE for KANAZAWAが作成した5374.jpを活用し、奈良県生駒市版を作成しました。 http://ikoma.5374.jp/
1

value

1


【Code for IBURI】胆振総合振興局(旧:胆振支庁)の11市町村をまとめた活動していきたいと思います。 設立日:2014年11月23日
7

value

7


ほどがやの街の魅力を紹介してゆく地域の取り組みです。
1

value

1


Event

高梁川流域ハザードGISワークショップ

event date: Sep 2, 2016
Update:Aug 1, 2016

アーバンデータチャレンジ2016 岡山ブロックの活動として、高梁川流域圏の各自治体がPDFなどで公開しているハザードマップをもとに、外国人観光客を含め土地勘のない来訪者が、災害時の避難や危険回避などの自主的な行動を支援する情報提供の在り方を検討し、GISを活用して現在位置から危険区域や最寄りの避難場所などの情報をわかりやすく提供できる仕組みづくりに取り組みます。 場所:岡山県立大場所:岡山県立大学 西棟5108教室     岡山県総社市窪木111(JR桃太郎線・服部駅から徒歩5分) 日時:平成28年9月2日(金)14:00~17:00 対象:自治体・大学・企業・団体等 20名程度 内容:  ●活動開始の宣言  ●現状の共有と課題抽出   地域のハザードマップ事例 :岡山県立大学   防災マップ作成支援活動  :NPO法人まちづくり推進機構岡山   倉敷美観地区来訪者調査  :一般社団法人データクレイドル   都市計画から考える避難場所:筑波大学学生(弊社インターン)   フリーディスカッション(アイデアソン) 主催:一般社団法人 データ クレイドル 協力:岡山県立大学 共催:Code for Kurashiki
0

value

0

平成28年度福井県アプリコンテスト

event date: Oct 31, 2016
Update:Jun 10, 2016

福井県は「福井県オープンデータライブラリ」(http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/toukei-jouhou/opendata/)で提供する情報を活用したアプリケーションを募集しています。
1

value

1


Grant

地域発コンテンツ等海外展開支援事業

subscription period: undecided
upper-limits amount: 0 yen
Update:Feb 20, 2016

■地域発コンテンツ等海外展開支援事業 地域発コンテンツ等の海外展開を行う際のローカライズ及びプロモーションを行う事業に対し、その費用負担を軽減するため、当該事業を主体となって実施する企業・団体に必要経費の一部を助成します。
1

value

1

宮前区まちづくり協議会:資金支援制度

subscription period: undecided
upper-limits amount: 150,000 yen
Update:Jan 30, 2016

宮前区まちづくり協議会では、市民活動団体へ活動資金の支援をしています。一般の助成金は個別の事業を対象に支援していますが、宮前区まちづくり協議会で実施している資金支援制度は、活動団体そのものに支援しています。区内に活動が生まれ、活動が定着し、自立していくというステップで段階別のメニューを用意しています。
3

value

1

商業・サービス競争力強化連携支援事業

subscription period: undecided
upper-limits amount: 3,000,000 yen
Update:Feb 26, 2015

中小企業や、小規模事業者が、産学官連携して行う新しいサービスモデルの開発などで、地域産業の競争力強化につながると認められる事業について支援する事業です。
1

value

1

創業・第二創業促進補助金(平成27年度)

subscription period: undecided
upper-limits amount: 2,000,000 yen
Update:Feb 26, 2015

「創業促進事業」は、新たに創業(第二創業を含む)を行う者に対して、その創業等に要する経費の一部を助成しています。 事業計画を作り、認定支援機関の確認と、金融機関の確認が必要です。 (金融機関が認定支援機関になっていることがあります。その場合は金融機関が包含して確認いただけます。) 公募の時期は未定です。
1

value

1

NPO・公益活動向け助成制度データベース「CANPAN」

subscription period: any time
upper-limits amount: 0 yen
Update:Jan 20, 2015

NPOや社団法人、財団法人、ボランティア団体を対象とした、全国規模の助成制度のデータベースです。 週に1回、新たに発表された助成制度を掲載しています。 また、過去に募集された助成制度を検索して探すことができる、日本唯一の助成制度データベースですので、どの時期にどのような助成金の申請募集があるのかを探すことができます。
4

value

2

鹿児島市)中小企業融資保証料補助金

subscription period: any time
upper-limits amount: 0 yen
Update:Jan 5, 2015

本市における中小企業者の融資に伴う保証料負担を軽減し、経営の安定と振興を図ること。
0

value

0