Creativity Sharing and
Entrepreneurial Support

SpaceApps Tokyo 2016 ハッカソン

event date: Apr 23, 2016
Update:Jun 25, 2016

開催日:2016年4月23日-4月24日
31

value

2


共通語彙基盤に準拠した自治体オープンデータを題材にデータの扱い方を学び、実際にアプリケーションを実装します。
16

value

14


【レポート公開!】旧東海道を題材に、「文化観光」「健康増進」そして「オープンデータの利活用」を目的としたハッカソンを開催しました。
16

value

8


オープンデータを活用した、松江市の地域課題を解決するとともに、ビジネスにつながるRubyによるアプリケーションのアイデアを募集します。松江市のオープンデータはMatsueオープンデータバンクより提供しています。優秀賞に選ばれたアプリケーションは実用化しオープンソースとして公開します。
12

value

12


【レポート掲載】横浜市中期4か年計画データを用いて若者によってつくられたアプリ、データビジュアライズ作品の成果発表と表彰式が開催されました。
12

value

12


【レポート掲載】〜忙しい女性もキレイになれるアプリを作ろう!〜
11

value

4


女性の視点で「お料理や食事のシーンにスマイルを増やす」アイディア出しのワークショップ
10

value

4


女性活躍推進につながる取組みを活性化するとともに、オープンデータの利活用が推進させることを目的に「Lady's Open Data 女性活躍推進ハッカソン」を開催します。2017年5月28日に開催される「ボヌールフェスタ」イベント会場内で行われます。女性やこどもが、コンピューターを簡単に学べるよう工夫して開催します。開発経験が無い方の参加も歓迎します。
9

value

3


2013年8月10日にミクシィのイノベーションセンターで開催したアイデアソンの成果をまとめて次の展開方法を考えていきます。(主催:LODチャレンジ実行委員会, 共催:クラウドテストベッドコンソーシアム)
9

value

6


Code for SAITAMAとさいたま市は、情報共有しながらオープンデータの利活用を推進すべく、オープンデータアイデアソンで出されたアイデアを形にするハッカソンを開催します。
9

value

3

つっぱり棒アイデアソン

event date: May 28, 2016
Update:Jun 10, 2016

平安伸銅工業株式会社は、家の課題解決や、つっぱり棒の新製品開発を目的とした「つっぱり棒アイデアソン」を開催します.
8

value

2


◎名称:オープンデータを活用したビジネス化に向けた人材マッチングイベント ◎日時:2014年12月5日(金)13:30~17:30 ◎会場:カタリストBA     (東京都世田谷区玉川2-21-1 二子玉川ライズ・オフィス8階) ◎主催:経済産業省・総務省 ◎事務局:一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
7

value

6

IODD2016作戦会議 in YOKOHAMA

event date: Jan 28, 2016
Update:Feb 22, 2016

Code for YOKOHAMA - Civic Hack Night vol.07内で開催した「インターナショナル・オープンデータ・デイ 2016 in YOKOHAMA 作戦会議」の成果をまとめました。
7

value

0


〜神奈川県の県央10自治体・3大学による、オープンデータ広域活用アイデアソンを開催〜  昨年開催した、オープンデータの広域活用を目的とした全国初のイベント「さがみオープンデータデイ2015」は、約100人の方に御参加いただきまして、グループでのアイデア出しや発表を行いました。  今年も、世界各地で開催されるオープンデータ推進イベント「インターナショナルオープンデータデイ」の第1弾として「さがみオープンデータデイ2016」を開催し、新たなテーマでオープンデータの広域活用について参加者全員でアイデアソンや発表を行います。 今年のテーマは ①くらし・環境・交通 ②子育て・教育 ③観光・イベントの3つで、アイデアソンに初めて参加する方も馴染みやすいよう、ライフスタイルに密接したテーマを設定しています。  県央地域のオープンデータの広域活用に向けて、一緒にアイデアを出していきましょう!
7

value

6


【レポート掲載】マニフェストスイッチとE2D3で新しい政治の見せ方を考えよう!
7

value

4


ハッカソン開催します!! 場所:浄念寺(大阪府枚方市三矢町7−21) 今回は、今話題のオープンデータを活用した、まちづくりを一緒に考えるイベントを開催します。 テーマは 《 枚方市の歴史・魅力を世界に発信! 》 ITの知識・技術がなくても参加可能です! 2016年2月7日(日)開催のアイデアソンと両日参加していただきますようお願いします。 申し込みは専用サイトで行っています。 http://openhirakata.com/ 問い合わせ先 枚方市情報推進課 〒573-8666 枚方市大垣内町2丁目1番20号 枚方市役所別館6階 電子メール:hirakata_opd@city.hirakata.osaka.jp Tel:072-841-1296 Fax:072-841-3039
7

value

5

G-Supernova Hackathon

event date: Jun 24, 2017
Update:Jul 2, 2017

ゲノムサービスに特化したハッカソン開催
6

value

5


 「U-18こどもオープンデータハッカソン」は18歳以下の学生が競うハッカソン。学生のICT教育や地域教育の発展を目的に開催します。オープンデータを活用したアプリケーション開発や地域活動の経験のある2人の学生が講師となり、生徒・学生たちに教えていきます。
6

value

6


2015年統一地方選挙に向け、マニフェストスイッチプロジェクトの一環として「選挙ハッカソン」を実施します。 政治離れ、低投票率、国・地方の借金増を解決するため、「選挙をもっと面白くする」「たくさんの人がきちんと政策で選んで投票に行くようにする」ために、どうしたらよいのでしょうか。 インターネット選挙解禁後はじめてとなる統一地方選挙での実現を目指して! ※終了後に近隣で懇親会を予定しています。 ■日時:3/1(日) 13:00~17:45 ■場所:公益社団法人日本青年会議所会館会議室503号室 ■主催:早稲田大学マニフェスト研究所 ■共催:公益社団法人日本青年会議所 ■協力:一般社団法人リンクデータ ▽当日の流れ ※未定  東京都知事選2012、吉川市長選、台東区長選の候補者情報をもとに、ハッカソンを実施予定 ▽日程 2/8 選挙アイデアソン 開催 https://www.facebook.com/events/414407475394611/  ⇒アイデアはKnowledge Connector + Idea.LinkData へ掲載・共有 ■選挙アイデアソンで出た活用アイデアはこちら http://idea.linkdata.org/idea/idea1s842i ※ニュース掲載 ■マニフェスト活用で選挙アイデアソン NHKニュース http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150211/t10015375311000.html 3/1 選挙ハッカソン 開催 4月 統一地方選挙に向けプロトタイプ(のちの実装、利用へ)  ⇒優秀な取り組みは第10回マニフェスト大賞の応募作となります。 ※【マニフェストスイッチプロジェクトとは】 http://www.maniken.jp/event/150204.html 2015年4月の統一地方選挙に向け、全国の候補者にマニフェストの統一フォーマットの使用などを提案するプロジェクトのことです。 2003年に北川正恭元三重県知事が提唱し全国に広がったマニフェスト型選挙ですが、近年は候補者が掲げるマニフェストと有権者が重視する課題などとのずれが指摘され、政治離れや低投票率といった問題もあります。さらに自治体の借金が増加し、有権者も候補者も政策の選択が迫られています。 そこでプロジェクトでは、マニフェストの検証や比較を可能にするため統一フォーマットを作成。候補者から寄せられたマニフェストをネット上でオープンデータとして公開、有権者が自由に利活用でき、政策や人柄の比較が簡単にできるようになります。4年後には、活動状況も検証します。
6

value

3

さばえまちあるき

event date: Nov 9, 2014
Update:Nov 10, 2014

鯖江市中心市街地から西山公園などを歩きながら、位置情報とコメントをつけた写真をオープンデータ化しながら歩くイベントです iPadを使った“シニアITアプリ講座”の最終回 10/6開催予定だったまちあるきが天候不順のため11/9に延期
6

value

6


県内でオープンデータ推進を目的に活動する市民有志の団体「オープン!ちば」は、千葉市での4回目のオープンデータデイを主催します。 今年は、大治元年(1126)に千葉常重が中央区亥鼻付近に館を構えて千葉市が都市としての発展を始めてから890年の“千葉開府890年”に当たり、今まで以上に私たちの街を訪れるお客さまが増える年です。そこで、“街の魅力とお・も・て・な・し”をテーマに、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの会場ともなったこの街について、今一度その魅力を見つめなおし、分かりやすく共有し、そこから街を訪れる人へのおもてなしを考える以下の取組みを行います。 ○「LocalWiki 千葉市」 による お・も・て・な・し!  ・千葉氏ゆかりの場所を中心とした千葉市の魅力の記事作成     (https://ja.localwiki.org/chiba/Front_Page への記事追加)  ・記事に付与するタグの体系化など活用を見据えたルールを考えるワークショップ  ・書き溜めた記事を、おもてなしに活用するアイデアを紡ぎだすアイデアソン  ・LocalWikiのAPIを用いたプロトタイプ作成 ○「ちばレポ」を見える化して次のステップへ!  ・2015年1月~12月のデータを用いた運用状況の可視化と改善策の検討   (ちばレポの運用データをオープンデータ化する予定)  ・投稿画像から課題解決の緊急度を市民目線で評価するワークショップ  ・市民参加促進イベントアイデアソン  オープンデータに興味のある方、千葉に愛着のある方、千葉氏やちばレポに関心のある方、地域の課題をICTを使って解決したい方、エンジニア・デザイナーのみなさん、ぜひ、ご参加ください!
5

value

5